アンカー

  • 朝の想い

    Morning Thoughts
    November 18, 2020

    ジョイス・サッティン

    私は起き上がって一日を始めたいのです。今日もどこかに行き、したいことがあります。じっと座って待っていたくはない。だって、やることはたくさんあるのだから。とにかく動き、なんでもいいから何かをやって、何かを達成し、成し遂げたくて、文字通りうずうずしています。でも、そうはいかず、静かに待っていなければなりません。じっとし、家の中を静かにし、心拍数や思考をスローダウンする必要があるのです。

    家の中が忙しすぎ、考え事や騒音、エネルギーに溢れていて、全く何もできないときがあります。メディアの雑音は中毒のようなもので、それを許せば支配されてしまいます。天気を知りたかっただけなのに、天気はニュースとなり、ニュースはジョークとなり、ジョークは芸能ゴシップとなり、気がつくと時間がなくなっているのです。時間は浪費され、早朝にはあったはずなのに、次々と続くコマーシャルの中に姿を消していきます。テレビは、静かにしていた方がずっといい時に、家の中をおしゃべりでいっぱいにしてしまう毒です。それは魂に語りかけようとする聖霊の声も消してしまいます。

    静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる。[1]

    主があなたたちのために戦われる。あなたたちは静かにしていなさい。[2]

    主は[エリヤに]言われた、「出て、山の上で主の前に、立ちなさい。」 その時主は通り過ぎられ、主の前に大きな強い風が吹き、山を裂き、岩を砕いた。しかし主は風の中におられなかった。風の後に地震があったが、地震の中にも主はおられなかった。地震の後に火があったが、火の中にも主はおられなかった。火の後に静かな細い声が聞えた。[3]

    おそらくそれが理由で、神はモーセに一人で山に登り、律法を伝えるように言われたのでしょう。彼は大衆の騒ぎの中では、神の声を聞くことも、神の顔を見ることもできませんでした。一人きりの場所を見つけなければならなかったのです。バプテスマのヨハネは、主の道を備えるという神の召命を果たす前には荒野で暮らしました。そして、イエスは夜明け前に起き、父と交わるための静かな場所を見つけました。

    静かな場所で一人祈って一日を始めるという、早朝の時間はとても大切です。熱烈に神に語り、神にしてもらいたいことをお願いするのではなく、自分の考えを空っぽにして、ただ待つのです。心が安らぎ、穏やかになるまで。神が支配し、すべてを世話してくださることを知る瞬間を待つのです。すべてが始まる前に、その日の心配事やストレス、忙しさから自分を解放し、完璧な静寂の状態が見つかる瞬間を待つのです。

    その状態にある時に、私たちは走り回るための力を得ることができるのです。その時、他の人が口にしなかった言葉にも耳を傾け、それを真に理解するための忍耐力が見つかります。その時、慌ただしい一日に直面しても、エネルギー切れや忍耐力切れ、平安切れになって中途半端な状態に陥らないための平安が見出せるのです。

    若い頃、私のエネルギーは無限でした。ベッドから飛び起きて一日中走り回ることができたのです。いつもよく眠れ、やるべきことはすべてこなせるエネルギーを持っていました。けれども年齢を重ねるにつれ、自分に合ったペースで行動し、一日をもう少しゆっくりと過ごし、しなやかな生き方をすることがいかに大切かを学びました。物事に正面からぶつかってばかりだと、しばしば物事が私に正面からぶつかってくるので、立ち止まって傷の手当をしなければならないし、一日をもう少し確かな足取りで進めるように、散らかしたものを拾ったり、歩みを戻したりしなければいけなくなるのです。

    朝は、まず霊的に、次に身体的に、備えをするのに最適な時間です。一日をやり遂げるのに必要な力を得るために、力の源とつながるのに最適な時間なのです。

    だから、座って体を静めようと思います。頭の中を空っぽにします。心配事を祈りに変えて、今日一日を神のみ手に委ねます。神は、私が一日を始める前に、安らぎの時間を必要としていることを知っておられます。私は、ストレスのない、本当に幸せで、本当に良い一日を過ごすために、心配事をすべて主に委ねます。


    1 詩篇 46:10.

    2 出エジプト 14:14.〈新共同訳〉

    3 列王上 19:11–12.

  • 9月 13 ドラゴンに立ち向かう
  • 9月 3 時間を管理する
  • 8月 31 素晴らしい何かを生み出す
  • 8月 28 イエスにおける希望
  • 8月 25 品性が生み出される時
  • 8月 19 問題だらけの時でもイエスを信頼する
  • 8月 13 親切:与える側と受ける側
  • 8月 10 帆を上げる
  • 7月 30 励ましは大切
   

ディレクターズ・コーナー

  • もっとイエスのように:クリスチャンとしての人格についての言葉

    [More Like Jesus: Reflections on Christian Character]

    October 22, 2019

    もっとイエスのように』シリーズでは、これまで毎回2つの主題について引用句をまとめてきましたが、今回の第4弾では1つの主題だけを取り上げます。それは、クリスチャンとしての人格です。私たちクリスチャンは、聖霊が住まわれる「新しく造られた者」[1] です。今でも罪びとであることに変わりありませんが、神に栄光を帰し、神の特質にならった生き方をしようと努めています。私たちの人格は、キリストを他の人に表すための主要な方法なのです。

    「地上におけるあなたの人生に対する神の究極の目標とは、快適さではなく、人格の成長である。神は、あなたが霊的に成長し、キリストに似た者となることを望んでおられる。」—リック・ウォレン

    「人格は、指紋のように生まれつき持っていて、変えられないというようなものではない。生まれつき持っているわけではなく、その形成については、自分が責任を負わなければならないのだ。」—ジム・ローン

    「私は以前、神の賜物とは、上へ上へと続く棚に載っているものであり、クリスチャンとしての人格が高まれば高まるほど、簡単に届くようになるものだと考えていた。今は、神の賜物は下へ下へと続く棚に載っており、大切なのはより高くへと行くことではなく、低く身をかがめることだと分かる。私たちは常に下に降りていくことによって、神の最高の賜物をいただくのである。」—F・B・マイアー

    「覚えていてほしい。何をするかで、あなたがどんな人間かが決まるのではない。あなたがどんな人間であるかで、何をするかが決まるのだ。」—ニール・T・アンダーソン

    「誰もが、この『人格者』なるものを定義しようとするが、それは難しいことではない。人格者とは、誰も見ていない時に正しいことをする人のことである。」—不詳

    「人格は、偉大な瞬間に表れるかもしれないが、小さな瞬間に作られるものだ。」—フィリップス・ブルックス

    「評判は一時的なものだが、人格は永遠のものである。」—J・B・ゴフ

    「人の人格は、自分に何かをしてくれる力のない人に対してどう接するかで、簡単に判断できる。」—マルコム・フォーブス

    「自分の評判よりも、人格に関心を持ちなさい。なぜなら、人格こそがあなたの真の姿であり、評判は単に他の人があなたをどう思っているかということに過ぎないのだから。」—ジョン・ウッデン

    「人間を測る究極の尺度とは、快適で好都合な状況にあってどんな態度を取るかではなく、困難と論争のさなかにあってどんな態度を取るかということである。」—マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

    「知識によって力は得られるが、人格こそが尊敬を得させる。」—ブルース・リー

    「人の人格を表す一番の指標とは、自分に何の役にも立たない人に対する接し方と、自分に反撃できない人に対する接し方である。」—アビゲイル・ヴァン・ビューレン

    「神は、すべての問題の背後に目的を持っておられ、私たちの人格を成長させるために、状況を利用される。」—リック・ウォレン

    「祈りは自己鍛錬である。神の臨在と力を認識しようと努めることで、魂の腱が伸ばされ、筋肉が鍛えられる。祈ることは、恵みの中で成長することである。王の御前にとどまることで、忠実な臣下に新たな忠誠と献身がもたらされる。クリスチャンの人格は、祈りという秘密の場所で成長するのだ。」—サミュエル・M・ツエマー

    「人格とは、暗闇の中で人間が示す姿である。」—ドワイト・L・ムーディー

    「鋼鉄の優れたところは強さであり、芸術の優れたところは美しさであるように、人間の優れたところは道徳的な人格性である。」—エイデン・ウィルソン・トウザー

    「あなたの言葉が、あなたの心をそのまま映し出すものであるようにしなさい。」—ジョン・ウェスレー

    「確かに、人が油断した時に何をするかが、その人の人間性を最もよく証言する。」—C・S・ルイス

    「ただ神ご自身のみ、クリスチャンの母親がその子の人格形成に与える影響力を十分に理解しておられる。」—ビリー・グラハム

    「人格とは、私たちが人生を通して善悪に関する自由な選択を行ってきたことによって、魂に刻まれたものにほかならない。」—ジョン・C・ゲイキー

    「私たちの人格は、基本的にさまざまな習慣の合成物だ。なぜなら、習慣は一貫した、しばしば無意識になされるパターンであって、日々、常に私たちの人格を表しているのだから。」—スティーブン・コヴィー

    「神は、あなたが何者であるかよりも、どんな人柄であるかにずっと関心を持っておられる。」—リック・ウォレン

    「高潔な人の持つ資産の中で、人格ほど高く評価されるものはない。」—ヘンリー・クレイ

    「あなたの思いに気をつけなさい。それは言葉になる。あなたの言葉に気をつけなさい。それは行動になる。あなたの行動に気をつけなさい。それは習慣になる。あなたの習慣に気をつけなさい。それは人格になる。あなたの人格に気をつけなさい。それは運命になる。」—不詳

    「人柄は扉を開くことができるが、それを開けたままにできるのは優れた人格だけである。」—エルマー・G・レターマン

    「クリスチャンとしての人格の表れは、良い行いではなく、神に似た者となることだ。神の御霊があなたの内側を変えてくださったのであれば、人生において、素晴らしい人間的特質ではなく、神的特質が表れるようになる。私たちの内にある神の命は、神のようになろうと努力する人間の命としてではなく、神の命として表れるのだ。」—オズワルド・チェンバーズ

    「境遇は人を作らず、その人の姿を明らかにする。」—不詳

    「良い習慣は誕生日に作られるものではなく、クリスチャンの人格も新年に作られるものではない。山頂にいれば、眺望が開け、夢が鼓舞され、新たなインスピレーションで心が踊るかもしれない。しかし、試練や勝利は山の麓の平地にある。人格を作り上げる作業場とは、日常生活なのである。平穏で平凡な時間に、戦いの勝敗が決まる。」—モルトビー・ダベンポート・バブコック

    「人格は、人生の小さな瞬間に作られる。」—フィリップス・ブルックス

    「あなたの評判は、人があなたについて言うこと。あなたの人格は、神とあなたの妻があなたについて知っていること。」—ビリー・サンデー

    「人の豊かさや貧しさは、何を持っているかではなく、どんな人間であるかによって決まる。」—ヘンリー・ウォード・ビーチャー

    「人格の強さは、私たちの下す決断や直面する誘惑、そして人生における葛藤から生まれる。」—ウェイマン・ミッチェル

    「人格は、正しいことが無意識にできるようになるまで、正しいことを繰り返すことによって得られる。」—ジャック・ハイルズ

    「柔和は、クリスチャンの人格を飾ることのできる最も輝かしい美点の一つである。」—J・C・ライル

    「クリスチャンとしての人格が試されるのは、世に喜びをもたらす存在となっているかという点であるべきだ。」—ヘンリー・ウォード・ビーチャー

    「高い理想が、順応性と人気という祭壇の上で犠牲にされる時、優れた人格は常に失われる。」—チャールズ・スポルジョン

    「人生の状況を自分に合わせて作り出すことはできないが、そういった状況に合わせて自分の態度を決めることはできる。」—ジグ・ジグラー

    「自分の人格に表される神の愛の影響と反映以上に大切なものを、異教の世界に持っていくことはできない。それは万国共通の言葉だ。」—ヘンリー・ドラモンド

    「名声は、他人から与えられるものであり、また、自分自身で獲得するものでもある。」—ジャック・ハイルズ

    「神は、あなたが正反対の性質を示したくなるような状況を経験させることによって、あなたの人生に御霊の実を生じさせてくださる。人格形成には常に選択が関わっており、誘惑によってその機会が与えられるのだ。」—リック・ウォレン

    「あなたの人格の欠陥が引き起こす問題は、他の人に対しては軽いものかもしれないが、あなたの配偶者や結婚にとってみれば、大きなものとなる。」—ティム・ケラー

    「自分の人格に気を配っていれば、評判は自然とついてくる。」—ドワイト・L・ムーディー

    「聖書は、私たちの思考生活が最終的に人格を決定することを示している。ソロモンは、『人は自分が心に思う通りの人間だ』と言った。」—ジェリー・ブリッジズ

    「自分の先にあるものや目の前にあるものは、自分の中にあるものに比べれば、さほど重要でない。」—不詳

    「人の本当の人格を計るものは、絶対にばれないと分かっていたら何をするかということだ。」—トーマス・マコーリー

    「人の性格は、その人が何を面白いと感じるかに、最もはっきり表れる。」—ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

    「妙なことに、この世では、肉体的勇気があまりにも一般的で、道徳的勇気があまりにもまれである。」—マーク・トウェイン

    「人格とは、あなたが自分はこうであると知っているものであり、他人があなたはこうであると考えるものではない。」—不詳

    「天才は称賛され、富豪はねたまれ、権力者は恐れられるが、信用されるのは人格者だけである。」—アルフレッド・アドラー

    「私が父について最も尊敬しているのは、クリスチャンとしての純粋な人格である。父は真に誠実な人であり、道徳的・倫理的原則を守ることに全力を注いでいる。何を引き受けたとしても、良心的にそれを行うのだ。」—マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

    「評判とは、人が私たちをどう思うかであり、人格とは、神と天使たちが私たちについて知っていることだ。」—トマス・ペイン

    「行動、表情、言葉、歩みが、あなたの人格を綴るアルファベットである。」—ヨハン・カスパー・ラヴァーター

    「優れた人格は、後で回復するよりも、維持し続けるほうがずっと簡単だ。」—トマス・ペイン

    「信念から行いが生まれ、行いから習慣が形成され、習慣から人格が育ち、人格の上に運命が築かれる。」—ヘンリー・ハンコック

    「キリスト教の目的は、困難を避けることではなく、困難が訪れた時に、それに十分対応できる人格を生み出すことである。それは、人生を楽にするのではなく、むしろ私たちを人生において十分に偉大なものにしようとするものだ。」—ジェームス・L・クリステンセン

    「あなたの人格は、あなたの習慣の総体であることを覚えていなさい。」—リック・ウォレン

    「人格とは、誰も見ていない時に正しいことをすることである。うまくやり過ごせたら正しいことで、捕まったらそれは間違ったことと考える人があまりにも多い。」—J・C・ワッツ

    「出来事は、人を強くも弱くもしないが、その人がどんな人なのかを示してくれる。」—トマス・ア・ケンピス

    「もし唇の言葉と生活とが一致しないなら、証言はあまり意味を成さない。」—ハリー・アイアンサイド

    「神は決して、その人に合わせて義の衣を仕立て直すことはされない。むしろ、その衣に合わせて人を変えられる。」—ジョン・ハギー

    「人格は、知識よりも遠くへとあなたを連れてゆく。」—ジャック・ウェルマン

    「善良さの最大のテストは、私たちの人格と実践に関わる大きな出来事ではなく、小さな出来事の内にある。」—F・B・マイアー

    「確かな信頼は、一貫した人格の上に得られる。」—ジョン・マクスウェル

    「私たちはしばしば、神を中心とした献身を深める時間を取らずに、クリスチャンとしての人格や行動を育もうとする。神と共に歩み、神との関係を深める時間を取ることなく、神を喜ばせようとするのだ。それは無理がある。」—ジェリー・ブリッジズ

    「唇の証言は、心の状態を表す。」—ハリー・アイアンサイド

    「ほとんどすべての人は逆境に耐えることができるが、もし人の人格を試したいのであれば、権力を与えてみればよい。」—エイブラハム・リンカーン

    「ただ夢見て人格者になることはできない。そうなれるよう、自らを打ち叩き、鍛えなければならないのだ。」—ジェームズ・アンソニー・フルード

    「人格は、安楽と平穏の中では育たない。試練と苦悩を経験することによってのみ、魂は強められ、大望は鼓舞され、成功が収められる。」—ヘレン・ケラー

    「人生において、あなたの外側で起こることは、内側で起こることほど重要ではない。状況は一時的なものだが、人格は永遠に残るからである。」—リック・ウォレン

    「人格は、私たちの日々の選択の総体である。」—マーガレット・ジェンセン


    1 2コリント 5:17

     

  • 9月 13 イエス、その生涯とメッセージ:ヨハネによる福音書の結び(パート1)
  • 9月 6 もっとイエスのように:自制と正直さについての言葉
  • 8月 30 イエス、その生涯とメッセージ:イエスの最後の出現(パート2)
  • 8月 23 もっとイエスのように:忍耐と思いやりについての言葉
  • 8月 16 イエス、その生涯とメッセージ:イエスの最後の出現(パート1)
  • 8月 9 もっとイエスのように:感謝の心と謙虚さについての言葉
  • 8月 2 イエス、その生涯とメッセージ:復活(パート4)
  • 7月 19 イエス、その生涯とメッセージ:復活(パート3)
  • 7月 12 「わたしの羊はわたしの声を聞き・・」
   

信条

もっと見る…
  • 私たちの基本的な信条は、おおむね世界中の他のクリスチャンの信条と同じものですが、従来の考え方にとらわれない教理も幾らかあります。イエスは、神を愛し、自分を愛するように隣人を愛することに「律法全体と預言者とが、かかっている」と言われましたが、このイエスが教えられた「神の愛の律法」という基本的な原則を適用することが、私たちの人生と信条の重要な側面となっています。

私たちのミッション

もっと見る…
  • ファミリー・インターナショナルが何よりも目標としているのは、神の御言葉のうちに見出される、愛と希望、救いという命を与えるメッセージを分かち合うことによって、より良い人生を皆さんに送っていただくことです。ペースの速い、複雑化した現代社会にあっても、神の愛を日常生活の中で実践することこそ、社会の問題の多くを解決する鍵であると私たちは信じます。聖書の教えにある希望や助言を分かち合うことで、ひとりずつ心が変わって行くことによって、だんだん世界が変わって行き、より良い世界が築かれて行くと信じているのです。

理念

もっと見る…
  • 神への情熱

    私たちは、心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして神を愛します。イエスとの親しい個人的な関係を築くように努め、また、イエスの特性を見習い、その愛を実践することにおいて成長するように努めます。

TFI について

TFI オンラインは、ファミリー・インターナショナル(TFI)のメンバーのためのコミュニティサイトです。TFI は、世界各地で神の愛のメッセージを伝えることに献身する国際的なクリスチャン・フェローシップです。

TFI について詳しくお知りになりたい方は、私たちのグローバルサイトをご覧ください。

TFI メンバーの方は、 ログイン して他のコンテンツも見ることができます。

最近のシリーズ

もっとイエスのように
私たちの人生において、キリストと似た性質を身につけていくこと
イエス、その生涯とメッセージ
私たちの人生の基礎となっている、福音書からの根本原理
そのすべての核心にあるもの
キリスト教信仰・教義の基本を扱ったシリーズ