アンカー

  • 思い煩いに打ち勝つ

    Overcoming Anxiety
    January 25, 2021

    ピーター・アムステルダム

    オーディオ所要時間:10:08
    オーディオ・ダウンロード(英語) (9.2MB)

    山上の説教の中で、イエスは思い煩いについて、こう語られました。「それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。」[1]

    神が私たちの父であり、私たちを愛しておられ、私たちの体が日々必要としているものを与えてくださるのだとわかれば、神を深く信頼するようになるはずです。その信頼が、私たちの体に日々必要なものに関する思い煩いや心配を打ち消してくれます。この教えは、最初の弟子たちに力強く語りかけたことでしょう。なぜなら、彼らもイエスも、旅して回る説教師かつ教師であり、毎日の食事がどこから手に入るのか定かでなかったからです。今日のほとんどのクリスチャンは、そのような境遇にはいませんが、それでも、神が世話してくださることを信頼するという原則は、当てはまります。

    ここで「思い煩う」とか「心配する」と訳されているギリシャ語の言葉は、「何かが気がかりで悩む、不安になる」という意味です。英語欽定訳では「自分の命のことを気にするな」という訳になっていますが、現代の翻訳版聖書では「思い煩うな」または「心配するな」と訳されています。ここで言われる心配とは、信仰の反対のものです。イエスがおっしゃりたいのは、父を信じなさい、父が万物の創造主であり支配者であられることや、その子どもたちに必要なものを与えてくださることを信じなさい、ということです。

    イエスは、自然界からの単純な比喩を用いて、財産や収入源にではなく、神に信頼を置くべきだということを述べられました。その日に必要なものがなかったらどうしよう、また将来どうしよう、という恐れや心配について話しておられるのです。

    「空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。」[2]

    鳥はまくことも刈ることもしないと言っても、神が鳥の口の中に食べ物を入れてくださるということではありません。鳥は努力して食べ物を探します。それでも、食物を供給してくださるのは神なのです。それからイエスは、「より小さいものからより大きいものへ」という論法を用いて、おっしゃりたいことを伝えておられます。「もし神が鳥を養ってくださるなら、なおさら、鳥よりも大切な存在であるあなたを養ってくださるのではないか」というものです。神の造られた人類が、神にとっては人類以外の被造物よりも重要であるということは、創造物語に書かれていることです。人間は神の創造のわざの最後にして最高のものであり、動物を支配する権威が与えられているのです。[3] 次のように、イエスもこの点をはっきりとさせておられます。「それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。」[4]

    自然界からの2つめの例は、野の花です。ここでもあの「より小さいものからより大きいものへ」という論法が使われています。「もし私たちの父であり、自然界の全て美しいもの、宇宙とその中の全てのものの創造主である方が、短命である花をそれほども美しく造られたのなら、なおさら神は、わたしたちのために、衣服のような体に必要なものを与えてくださるのではないか」ということです。

    鳥と花の例の間に、心配しても何の役にも立たないことを示す言葉があります。「あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。」[5] 翻訳者によっては、身長を1キュビト(約50センチ)伸ばすと訳したり、寿命をひと時延ばすと訳したりしていますが、それはどちらに訳しても正しいからです。どちらの訳し方をしても、この質問への答えはわかりきっています。心配しても意味がない、なぜなら心配しても何も変わらないから、ということです。

    心配しても何も変わらないという点を指摘した上で、イエスはこのようにたずねておられます。「きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。」[6]

    マタイの福音書では、神を信頼せずに恐れたり心配したりしている人たちに話す際、イエスが何度も「信仰の薄い者」という言い方をされています。[7] ここで言う信仰とは、神はご自身の民のためにことをなせるし、そうしてくださると信頼することです。動物を養い、地上を自然の美で装ってくださる神は私たちの父であり、私たちを愛し、必要なものを備えてくださる方であるという点をはっきりさせた上で、イエスはふたたび、「だから」(これらのことを考慮に入れれば)私たちは思い煩うことも心配することもない、と言われたのです。

    「だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。」[8]

    山上の説教でこれまで2回してこられたように、ここでもまた、イエスは不信者のすることと、信者のすべきこととを比較しておられます。ここで「求める」と訳されているギリシャ語は、何かを熱心に追求する、切望することを表しています。他の人たちはこの世の物質的なものを優先するかもしれませんが、クリスチャンは、私たちには愛情深い天の父がおり、その方は私たちが思い煩ったり心配したりしなくても、私たちに必要なものをご存知であり、またそれを与えてくださるという事実に目を向けるべきです。

    「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。」[9]

    明日起こるかもしれない問題のことを今日心配したりせず、今日の苦労については神に信頼し、明日の苦労は神におまかせしなさいということです。毎日、その日の「苦労」というものがありますが、イエスがここで教えておられることによれば、神はその恵みによって、私たちを切り抜けさせてくださると確信できます。イエスは、私たちがこれから苦労することはないとか、私たちの人生はこれから常に順風満帆となるとは、教えておられません。そうではなく、苦労・問題に対しては、思い煩いながらではなく、父への信頼をもって立ち向かうよう求めておられるのです。

    神は私たちの父であり、信者である私たちは神の子です。神の子として、私たちは神と神の義とを求めるし、私たちに必要な食べ物も飲み物も服も、父が与えてくださると確信できます。神は多くの時、基本的なもの以上に与えてくださいますが、この節で約束されているのは基本的なものです。

    私たちの多くは裕福ではありませんが、そんな私たちも、お金や物質的なものについて正しい優先順位を守ることが求められています。私たちは家族を養い、経済的に安定させて彼らの必要とするものを満たすために最善を尽くし、それと同時に、自分の経済的ゴールが神との関係や神に仕えることより優先されないように気をつけるよう求められています。信者として、私たちは自分のお金を神の栄光のために用い、家族を世話し、そして他の人も助ける責任があります。物惜しみせずに、十分の一献金や寄付の形で神にお返ししたり、困っている人と経済的祝福を分け合ったりするのです。

    また、イエスは決して、信者は一人たりとも食べ物や水や衣服なしに過ごすことがないとはおっしゃいませんでした。歴史を通じてクリスチャンが、飢饉のせいや監獄の中で餓死したり、何らかの理由で所有物をすべて失ってしまったことは、確かにありました。ここでイエスがお伝えになりたいのは、クリスチャンは、困難を味わう時や乏しい時が一度たりともないとか、何も問題の起こらない人生を過ごすとか、いかなる時もいかなる場所でも神が豊かに私たちに供給されることを期待できるとか、生計のために働く必要などないとかいうことではありません。ここでの教訓とは、私たちは信者として、全てのことにおいて父を信じるべきであり、心配すべきではないということです。

    私たちは神の御手の内にあります。神は私たちを愛し、養い、世話し、私たちに必要なものを供給してくださいます。時には、豊かに。しかし、たとえどのような状況に陥ったとしても、「神は私たちを愛しておられるし、私たちは神の子どもであり、永遠に神とともに過ごすことになる」と理解して、完全に神を信頼することが求められているのです。

    初版は2016年9月 2021年1月に改訂・再版
    朗読:ルーベン・ルチェフスキー


    1 マタイ 6:25.

    2 マタイ 6:26–30.

    3 創世記 1:26–28.

    4 マタイ 10:31.

    5 マタイ 6:27.

    6 マタイ 6:30.

    7 マタイ 8:26, 14:31, 16:8.

    8 マタイ 6:31–32.

    9 マタイ 6:33–34.

  • 1月 26 休息とくつろぎ
  • 1月 24 無条件の愛
  • 1月 22 偉大なる教師
  • 1月 20 不平不満の治療法
  • 1月 18 主への崇拝と敬愛を表すことについて
  • 1月 16 失敗への恐れに立ち向かう
  • 1月 14 罪はなぜ問題なのか
  • 1月 12 前に目を向けて
  • 1月 10 美しい惑星、地球
   

ディレクターズ・コーナー

  • イエス、その生涯とメッセージ:ゲツセマネ(パート1)

    [Jesus—His Life and Message: Gethsemane (Part 1)]

    January 18, 2022

    イエスの祈り

    弟子たちとの最後の食事を終えてから、[1] イエスは彼らをオリーブ山へ連れて行かれました。[2] 弟子たちに「今夜、あなたがたは皆わたしにつまずくであろう」 [3] と言われたのは、この場所でのことです。すると、ペテロも他の弟子たちも、自分たちは「決してつまずきません」 と言いました。

    それから、イエスは彼らと一緒に、ゲツセマネという所へ行かれた。そして弟子たちに言われた、「わたしが向こうへ行って祈っている間、ここにすわっていなさい。」 [4]

    ゲツセマネという地名は、ヘブル語やアラム語の2つの単語が合わさった言葉で、直訳すれば「オリーブの油絞り」という意味です。これは、オリーブ山の麓にあるオリーブ園の名前であると考えられ、ヨハネの福音書では「園」と記されています。[5]

    ゲツセマネは「大エルサレム」の境界内にあったので、イスラエル各地やそれよりさらに遠い所から過越祭に来ている人たちが野営する場所でもありました。過越祭の間は、エルサレムにとどまっていなければならなかったからです。おそらく、イエスと弟子たちが以前にエルサレムに来ていた時も、ゲツセマネで寝泊まりしたのでしょう。ユダがイエスの居場所を知っていたのも、そのためだと思われます。

    イエスは、「わたしが向こうへ行って祈っている間、ここにすわっていなさい」 と弟子たちに告げ、数人だけ連れて、大部分は置いて行かれました。

    そしてペテロとゼベダイの子ふたりとを連れて行かれたが、悲しみを催しまた悩みはじめられた。そのとき、彼らに言われた、「わたしは悲しみのあまり死ぬほどである。ここに待っていて、わたしと一緒に目をさましていなさい。」 [6]

    他の英訳聖書では、イエスが「悲しみを催し、ひどく苦悩された」 (CSB)、「悲しみを催し、重苦しく感じられた」 (KJV)、「深く悲しみ、悩まれた」 (NAS)、「苦悩に満ち、悩まれた」 (NLT)などと訳されています。

    イエスは、ご自分の感じている強い感情を、詩篇42篇の次の言葉になぞらえて言っておられたのでしょう。

    わが魂よ、何ゆえうなだれるのか。何ゆえわたしのうちに思いみだれるのか。わが魂はわたしのうちにうなだれる。[7]

    ある著者は、次のように説明しています。「マタイが読者に与える印象は、イエスが誰でも時々感じるのと同じような苦悩を味わわれていたのではないということです。イエスがゲツセマネで味わわれた苦悩は、実に通常とはかけ離れたものであり、それはこれから死のうとしているだけではなく、罪びとたちのためにこれからどんな死に方をしようとしているかということに関係していると知るべきです。…イエスは罪びとたちと死を共にし、罪びとの受けるべき死を経験しようとされています。それこそが、マタイが記録している、とてつもない心の動揺をもたらしたものと考えられます。[8]

    そして少し進んで行き、うつぶしになり、祈って言われた、「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさって下さい。」 [9]

    一緒に来ていた3人の弟子たちに、「ここに待っていて、わたしと一緒に目をさましていなさい」 と告げた後、ルカの福音書に説明されているように、イエスは「石を投げてとどくほど離れたところへ」 行かれました。[10] 「うつぶしになる」(顔を下に向けて、地面に腹ばいになる)というのは、懇願を示しており、嘆願や祈りをささげる際の姿勢です。イエスはまず、「わが父よ」 と言ってから、祈りを始めました。マルコの福音書では、「アバ、父よ」、ルカの福音書では、ただ「父よ」 と記されています。いずれも、イエスが父と持っておられた温かな関係を示すものです。

    そして、「もしできることでしたら」 と祈り始めることで、父の御心に反したことを求めているわけではないことを明確にされました。そうではなく、十字架にかかって死ぬことが必要であるのかどうかを尋ねておられるのです。それはかなりの痛みを伴う恐ろしい死に方であり、誰でも、もしできることなら避けたいと考えることでしょう。

    旧約聖書では、「杯」という言葉が苦難や神の怒りと関連して用いられることがよくあります。

    主は悪しき者の上に炭火と硫黄とを降らせられる。燃える風は彼らがその杯にうくべきものである。[11]

    エルサレムよ、起きよ、起きよ、立て。あなたはさきに主の手から憤りの杯をうけて飲み、よろめかす大杯を、滓までも飲みほした。[12]

    イエスは生涯を通して、ただ父の御心を行おうとしてこられました。そして、ここでもまた、「わたしの思いのままにではなく、みこころのままに」 と言うことによって、その願いを表明されたのです。言うまでもなく、そうするには代価がかかりました。イエスは神の御子でしたが、人間でもあったのです。かなりの痛みを伴う恐ろしい死に方をすることになるとご存知であったし、人間としては、もしできることならそれを避けたいと祈るのが自然な反応です。それでも、イエスの一番の関心は、父の御心を行うことでした。

    それから、弟子たちの所にきてごらんになると、彼らが眠っていたので、ペテロに言われた、「あなたがたはそんなに、ひと時もわたしと一緒に目をさましていることが、できなかったのか。誘惑に陥らないように、目をさまして祈っていなさい。心は熱しているが、肉体が弱いのである。」 [13]

    弟子たちから少し離れた場所で祈った後、弟子たち、つまり他の弟子たちを残してイエスと一緒に来ていたペテロとヤコブとヨハネの所に戻ってみると、3人は眠っていました。イエスがこの辛い時にあって、友からの支えを期待していたというのに、彼らはその期待に背いてしまったのです。

    イエスは彼らに、ひと時(一時間)もイエスと一緒に目を覚ましていることができなかったのかと尋ねられました。それは、いくらかの弁解の機会を与えつつ、彼らにはそうしているだけの力がなかったのだろうと言っているのであり、イエスはそれから、心は熱していて、その気があっても、肉体が弱いのだと言われました。ほんの少し前に、弟子たちは忠誠を表明して、イエスのためには死ぬ覚悟ができていると言いましたが(35節)、その忠誠心が試された時には、疲れすぎていて、イエスと一緒に一時間も目を覚ましているだけの力がなかったのです。それからイエスは、目を覚まして祈っているよう、弟子たちに強く促されました。先ほど(38節)は「目を覚まして」いるようにと告げ、ここ(41節)ではそれを繰り返した上で、それに付け加えて「祈っていなさい」と言われました。それは、まもなく彼らに降りかかろうとしている困難に立ち向かうのに必要な力を与えられるのは、父だけであるとご存知だったからです。

    更に、二度目に向こうへ行って祈られた。「父よ、わたしが飲まないかぎりこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように。」 [14]

    イエスはふたたび、同行した弟子たちから離れた場所へ行って父に祈られました。先ほどは、「もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください」 [15] と祈り、今回は「わたしが飲まないかぎりこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように」 と祈っておられます。一度目の時には、この杯を過ぎ去らせてくださるよう父にお願いしましたが、今は、この杯を飲むことが父の御心であると理解し、父の御心に委ねておられるのです。

    またきてごらんになると、彼らはまた眠っていた。その目が重くなっていたのである。それで彼らをそのままにして、また行って、三度目に同じ言葉で祈られた。[16]

    マルコの福音書には、イエスがこの3人の弟子たちの所へ二度目に来られた時のことについて、このように記されています。

    またきてごらんになると、彼らはまだ眠っていた。その目が重くなっていたのである。そして、彼らはどうお答えしてよいか、わからなかった。[17]

    マルコの福音書にある弟子たちの反応から、彼らが恥ずかしく感じており、言い訳もできなかったことが分かります。自分たちはイエスの期待を裏切ったと自覚していたのです。

    それから弟子たちの所に帰ってきて、言われた、「まだ眠っているのか、休んでいるのか。見よ、時が迫った。人の子は罪人らの手に渡されるのだ。」 [18]

    最初の部分は、聖書の訳本によって異なる訳し方がされており、たとえば、KJVでは、「今は眠り、休んでいなさい」 とありますが、NASでは[本記事の日本語版で引用している口語訳のように]、「まだ眠り、休んでいるのか」 となっています。[19] 一緒に祈ってくれるよう弟子たちに話すため、祈りの場から戻ってくるのはこれが三度目かつ最後ですが、弟子たちはやはりまた眠っていました。イエスが弟子たちに眠ったままでいるよう告げたような訳し方をされているものもありますが、先の二回と同様、今回も弟子たちが眠ったままでいてほしくなかったとする説が一般的です。

    「時が迫った」 とは、主が裏切られ、弟子たちが散り散りになる時が来たということです。ちょうど、少し前に、「特にあなたがたに言っておくが、あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切ろうとしている」 [20] と話しておられたように。この章には、イエスが裏切られることが4回言及されています。[21] イエスは、弟子たちの一人が今にもご自分を裏切ろうとしていることをご存知でした。

    (続く)


    注:

    聖書の言葉は、特に明記されていない場合、日本聖書協会の口語訳聖書から引用されています。


    参考文献

    Bailey, Kenneth E.Jesus Through Middle Eastern Eyes. Downers Grove: InterVarsity Press, 2008.

    Biven, David.New Light on the Difficult Words of Jesus.Holland: En-Gedi Resource Center, 2007.

    Bock, Darrell L.Jesus According to Scripture. Grand Rapids: Baker Academic, 2002.

    Bock, Darrell L.Luke Volume 1: 1:1–9:50. Grand Rapids: Baker Academic, 1994.

    Bock, Darrell L.Luke Volume 2: 9:51–24:53.Grand Rapids: Baker Academic, 1996.

    Brown, Raymond E.The Birth of the Messiah. New York: Doubleday, 1993.

    Brown, Raymond E.The Death of the Messiah. 2 vols. New York: Doubleday, 1994.

    Carson, D. A.Jesus’Sermon on the Mount and His Confrontation with the World.Grand Rapids: Baker Books, 1987.

    Charlesworth, James H., ed.Jesus’Jewishness, Exploring the Place of Jesus Within Early Judaism.New York: The Crossroad Publishing Company, 1997.

    Chilton, Bruce, and Craig A. Evans, eds.Authenticating the Activities of Jesus.Boston: Brill Academic, 1999.

    Edersheim, Alfred.The Life and Times of Jesus the Messiah. Updated Edition. Hendrickson Publishers, 1993.

    Elwell, Walter A., ed.Baker Encyclopedia of the Bible. Grand Rapids: Baker Book House, 1988.

    Elwell, Walter A., and Robert W. Yarbrough.Encountering the New Testament.Grand Rapids: Baker Academic, 2005.

    Evans, Craig A.World Biblical Commentary: Mark 8:27–16:20.Nashville: Thomas Nelson, 2000.

    Evans, Craig A., and N. T. Wright.Jesus, the Final Days: What Really Happened.Louisville: Westminster John Knox Press, 2009.

    Flusser, David.Jesus.Jerusalem: The Magnes Press, 1998.

    Flusser, David, and R. Steven Notely.The Sage from Galilee: Rediscovering Jesus’Genius.Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2007.

    France, R. T.The Gospel of Matthew. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2007.

    Gnilka, Joachim.Jesus of Nazareth: Message and History. Peabody: Hendrickson Publishers, 1997.

    Green, Joel B.The Gospel of Luke. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1997.

    Green, Joel B., and Scot McKnight, eds.Dictionary of Jesus and the Gospels. Downers Grove: InterVarsity Press, 1992.

    Grudem, Wayne.Systematic Theology, An Introduction to Biblical Doctrine. Grand Rapids: InterVarsity Press, 2000.

    Guelich, Robert A.World Biblical Commentary: Mark 1–8:26.Nashville: Thomas Nelson, 1989.

    Jeremias, Joachim.The Eucharistic Words of Jesus. Philadelphia: Trinity Press International, 1990.

    Jeremias, Joachim.Jerusalem in the Time of Jesus. Philadelphia: Fortress Press, 1996.

    Jeremias, Joachim.Jesus and the Message of the New Testament.Minneapolis: Fortress Press, 2002.

    Jeremias, Joachim.New Testament Theology. New York: Charles Scribner’s Sons, 1971.

    Jeremias, Joachim.The Prayers of Jesus. Norwich: SCM Press, 1977.

    Keener, Craig S.The Gospel of John: A Commentary, Volume 1.Grand Rapids: Baker Academic, 2003.

    Keener, Craig S.The Gospel of John: A Commentary, Volume 2.Grand Rapids: Baker Academic, 2003.

    Keener, Craig S.The Gospel of Matthew: A Socio-Rhetorical Commentary.Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2009.

    Lewis, Gordon R., and Bruce A. Demarest.Integrative Theology. Grand Rapids: Zondervan, 1996.

    Lloyd-Jones, D. Martyn.Studies in the Sermon on the Mount.Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1976.

    Manson, T. W.The Sayings of Jesus. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1957.

    Manson, T. W.The Teaching of Jesus. Cambridge: University Press, 1967.

    McKnight, Scot.Sermon on the Mount.Grand Rapids: Zondervan, 2013.

    Michaels, J. Ramsey.The Gospel of John. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2010.

    Milne, Bruce.The Message of John.Downers Grove: InterVarsity Press, 1993.

    Morris, Leon.The Gospel According to John. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1995.

    Morris, Leon.The Gospel According to Matthew.Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1992.

    Morris, Leon.Luke.Downers Grove: InterVarsity Press, 1988.

    Ott, Ludwig.Fundamentals of Catholic Dogma. Rockford: Tan Books and Publishers, 1960.

    Pentecost, J. Dwight.The Words & Works of Jesus Christ.Grand Rapids: Zondervan, 1981.

    Sanders, E. P.Jesus and Judaism.Philadelphia: Fortress Press, 1985.

    Sheen, Fulton J.Life of Christ. New York: Doubleday, 1958.

    Spangler, Ann, and Lois Tverberg.Sitting at the Feet of Rabbi Jesus.Grand Rapids: Zondervan, 2009.

    Stassen, Glen H., and David P. Gushee.Kingdom Ethics: Following Jesus in Contemporary Context.Downers Grove: IVP Academic, 2003.

    Stein, Robert H.Jesus the Messiah. Downers Grove: InterVarsity Press, 1996.

    Stein, Robert H.Mark. Grand Rapids: Baker Academic, 2008.

    Stein, Robert H.The Method and Message of Jesus’ Teachings.Louisville: Westminster John Knox Press, 1994.

    Stein, Robert H.The New American Commentary: Luke.Nashville: B&H Publishing Group, 1992.

    Stott, John R. W.The Message of the Sermon on the Mount. Downers Grove: InterVarsity Press, 1978.

    Talbert, Charles H.Reading the Sermon on the Mount.Grand Rapids: Baker Academic, 2004.

    Williams,J. Rodman.Renewal Theology: Systematic Theology from a Charismatic Perspective.Grand Rapids: Zondervan, 1996.

    Witherington, Ben, III.The Christology of Jesus.Minneapolis: Fortress Press, 1990.

    Witherington, Ben, III.The Gospel of Mark: A Socio-Rhetorical Commentary. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2001.

    Wood, D. R. W., I. H. Marshall, A. R. Millard, J. I. Packer, and D. J. Wiseman, eds.New Bible Dictionary.Downers Grove: InterVarsity Press, 1996.

    Wright, N. T.After You Believe. New York: Harper Collins Publishers, 2010.

    Wright, N. T.Jesus and the Victory of God. Minneapolis: Fortress Press, 1996.

    Wright, N. T.Matthew for Everyone, Part 1.Louisville: Westminster John Knox Press, 2004.

    Wright, N. T.The Resurrection of the Son of God.Minneapolis: Fortress Press, 2003.

    Yancey, Philip. The Jesus I Never Knew. Grand Rapids: Zondervan, 1995.

    Young, Brad H.Jesus the Jewish Theologian. Grand Rapids: Baker Academic, 1995.


    1 マタイ 26:17–20.

    2 マタイ 26:30.

    3 マタイ 26:31.

    4 マタイ 26:36.

    5 ヨハネ 18:1.

    6 マタイ 26:37–38.

    7 詩篇 42:5–6. こちらも参照:詩篇 43:5.

    8 Morris,The Gospel According to Matthew, 667.

    9 マタイ 26:39.

    10 ルカ 22:41.

    11 詩篇 11:6.

    12 イザヤ 51:17. こちらも参照:エゼキエル 23:33–34.

    13 マタイ 26:40–41.

    14 マタイ 26:42.〈新共同訳〉

    15 マタイ 26:39.

    16 マタイ 26:43–44.

    17 マルコ 14:40.

    18 マタイ 26:45.

    19 マタイ 26:45.〈英語KJV訳(欽定訳)とNAS訳〉

    20 マタイ 26:21.

    21 マタイ 26:16, 21, 23, 25.

  • 1月 19 これからのより良い日々(パート4)
  • 12月 18 素晴らしい贈り物
  • 12月 3 これからのより良い日々(パート3)
  • 11月 26 これからのより良い日々(パート2)
  • 11月 16 これからのより良い日々(パート1)
  • 10月 17 イエス、その生涯とメッセージ:ヨハネ17章:イエスの祈り(パート2)
  • 10月 5 イエス、その生涯とメッセージ:ヨハネ17章:イエスの祈り(パート1)
  • 8月 3 イエス、その生涯とメッセージ:ヨハネ16:23–33
  • 7月 27 イエス、その生涯とメッセージ:ヨハネ16:13–22
   

信条

もっと見る…
  • 私たちの基本的な信条は、おおむね世界中の他のクリスチャンの信条と同じものですが、従来の考え方にとらわれない教理も幾らかあります。イエスは、神を愛し、自分を愛するように隣人を愛することに「律法全体と預言者とが、かかっている」と言われましたが、このイエスが教えられた「神の愛の律法」という基本的な原則を適用することが、私たちの人生と信条の重要な側面となっています。

私たちのミッション

もっと見る…
  • ファミリー・インターナショナルが何よりも目標としているのは、神の御言葉のうちに見出される、愛と希望、救いという命を与えるメッセージを分かち合うことによって、より良い人生を皆さんに送っていただくことです。ペースの速い、複雑化した現代社会にあっても、神の愛を日常生活の中で実践することこそ、社会の問題の多くを解決する鍵であると私たちは信じます。聖書の教えにある希望や助言を分かち合うことで、ひとりずつ心が変わって行くことによって、だんだん世界が変わって行き、より良い世界が築かれて行くと信じているのです。

理念

もっと見る…
  • 神の御霊の追求

    私たちは、神の言葉の真理、神の神性の本質を知り、理解することを願います。書き記された御言葉にある基本的原則、また神から聞くことと神の導きに従うことを尊びます。

TFI について

TFI オンラインは、ファミリー・インターナショナル(TFI)のメンバーのためのコミュニティサイトです。TFI は、世界各地で神の愛のメッセージを伝えることに献身する国際的なクリスチャン・フェローシップです。

TFI について詳しくお知りになりたい方は、私たちのグローバルサイトをご覧ください。

TFI メンバーの方は、 ログイン して他のコンテンツも見ることができます。

最近のシリーズ

もっとイエスのように
私たちの人生において、キリストと似た性質を身につけていくこと
イエス、その生涯とメッセージ
私たちの人生の基礎となっている、福音書からの根本原理
そのすべての核心にあるもの
キリスト教信仰・教義の基本を扱ったシリーズ