アンカー

  • クリスマスに、他の人に手を差し伸べる

    Reaching Out at
    Christmas
    December 17, 2019

    引用文集

    オーディオ所要時間: 9:30
    オーディオ・ダウンロード(英語) (8.7MB)

    クリスマスの精神とは、愛と寛大さと優しさの精神です。それは魂の見晴らし窓を照らし、そこから世界の忙し気な生活を眺める時、私たちは物事よりも人に興味を持つようになります。

    あなたと私は、今年のクリスマスに何を贈るでしょうか? 生活の中で、主であり救い主であられる方の教えを実践し、その足跡をたどることによって、主に感謝という贈り物を捧げましょう。—トーマス・S・モンソン

    *

    私の気のせいでしょうか、クリスマスシーズンが一年の内でも、ずば抜けて最高に狂気じみた時期であると感じるのは? クリスマスの買い物やクリスマスの飾り付け、(全部の落ち葉をかき集めたらすぐに)クリスマスイルミネーション、クリスマスの劇、クリスマスパーティー、クリスマスクッキー、クリスマスの写真があるし、テレビではクリスマスの特別番組をやっています。混雑したショッピングモールを、そりに乗って時速1500キロメートルで駆け抜けているような気分です。とても楽しいものの、それこそがクリスマスというわけではありません。

    そしてしばしば他の人々も、教会に通っていない人たちでさえ、そのように感じているのがわかります。彼らは、クリスマスには慌ただしいスケジュール以上の意味があることを知っています。おそらくそれが、私たちがクリスマスの催しに人々を招待すると、喜んで応じてもらえる理由です。彼らはそのシーズンに、ペパーミントラテや足の痛みやパニック発作以外の何かが欲しいと望んでいるのです。

    そしてイエスのおかげで、私たちはそれらにまさる何かを持っています。私自身、このことを自分に思い起こさせなければならないことがよくあります。つまり、人々は仕事よりも重要であるということを! この時期に、福音の希望を人々と分かち合う方法を考えましょう。

    クリスマスの福音伝道は、ちょっと創造性を働かせれば実践可能です。このクリスマスに、「やることリスト」に書かれていること以外に、何かできることはないかと考えるなら、神は喜んで機会を与えて下さいます。導いて下さるよう、神にお願いしましょう!—ジム・ドナヒュー [1]

    *

    クリスマス・シーズンが始まろうとしている今、私たちにはおそらく、飼い葉桶の中の幼子が、今この時代に、人々にとってどれほど大きな意味を持ちうるかを話す機会がたくさんあることでしょう。多くの人にとってクリスマスとは、世俗的で商業的な休暇程度の意味しかないので、増大しつつある貧困、不正、混乱、恐れ、苦しみに立ち向かう世界中の何百万という人たちにとっては、祝うべきものはほとんどありません。けれども、希望はあります。畏怖の念を抱かせるほどの人生の変化が起こりうるのです。そしてそれは、それまで力や喜びがなかった場所にそれを与え、困難な時に進み続けるための意思力がほとんどすべてなくなった時に、それを与えることができるのです。

    世界が暗くなるにつれ、この贈り物はもっと貴重に見え、光を探している人々はそれを見逃すことができなくなります。様々な出来事によって、人々の安心感や、世俗の喜びや、さらには多くの場合、日常必要とされるものさえ奪い取られている今、神の力が私たちを守ることができ、神の愛はどんなものにも打ち勝つことができるというクリスチャンの希望のメッセージは、日に日に人々の心を惹き付け、ちょうど必要とされるものになっています。

    今年のクリスマスに、希望のメッセージをあなたの心に響かせ、あなたの人生から希望の光を輝かせましょう。あらゆるチャンスを使って、あなたの顔からそれを輝かせましょう。イエスに人生を与え、イエスに従う者であり、良い時も悪い時も、イエスの世話、支え、保護、導きを経験した者として、イエスのメッセージが私たちの希望であることを宣言しましょう。

    今年のクリスマスに、真理と意味を探し求めているこれらの人たちに、答えがあるというメッセージを広めましょう。耳を貸す人には誰にでも、あなたに喜びのある理由を教えましょう。ベツレヘムの馬小屋で小さな赤ん坊が生まれた時に始まった、この世の希望について話してあげましょう。神が人間の体をとられるほど彼らを愛して下さったこと、そしてそれは困難や大混乱から保護されずに、私たち皆が直面する人生をそのまま経験するためであったことを、宣言しましょう。未婚の母が社会からのけ者にされるという文化にあって、母の胎に身ごもられた瞬間から、イエスがいかに恐ろしい状況に直面なさったのかを、彼らに話しましょう。イエスはその生涯で楽な道をお選びになりませんでした。それは、私たちに対する愛により、人間であることのすべて、つまり測り知れない困難も喜びもあますところなく経験されたかったからです。

    このクリスマス・シーズンに、神であり人である方イエスがいかにして地上に来られ、私たちの一員として人生を生きられたかを祝いましょう。何もかも楽しくて心地よいおとぎ話のようにではなく、ありのままにイエスの物語を語って、人々に興味をひかせましょう。イエスの地上の両親が経験した困難を示す物語を告げましょう。彼らがいかに何度も何度も問題や危険な状況から救い出されたかを教えてあげましょう。彼らは別の地に移動せざるを得なくなり、追われる身になりましたが、それらの困難な時を通して、自分ではそうと知らないままに、イエスの誕生、人生、そして最終的な死とよみがえりを定めていた預言を成就したのです。

    人生を変えてしまうとてつもない困難に直面し、私たち一人ひとりを救うために十字架の上で残酷な死を遂げた、神の御子のありのままの物語を、人々に伝えましょう。問題のさなかにある人々に希望を与えましょう。肉体をとった神であるイエスが、人間どうしの残虐さを極限まで経験されたことを彼らに知らせるのです。それだから、イエスはすぐそばにいて、私たちが人生で直面する困難や恐れを真に理解できる親しい友になることができるのです。私たちの傍らにいて、どんな時も私たちを守り、支えたがっておられるのです。

    今年のクリスマス、私たちの手本と言葉によって、希望が存在すること、イエスを通して豊かな人生を送ることが可能であることを示しましょう。—マリア・フォンテーン

    *

    それを奉仕の時としましょう。クリスマスの精神が与えることであることは、誰もが知っています。しかし最高の贈り物は、包装紙に包むことができない場合が多いのです。それは奉仕の贈り物です。つまり、自分の時間や才能や人脈やアイデアや労力を、周りの困っている人々に提供するのです。

    この時期に、ちょっとした親切な行為をしてみてはどうでしょう。年末はせわしない時期で、誰もがどこかで助けを必要としています。買い物を引き受けたり、小包を受け取ったり、子守りを申し出たり、飾り付けを貸してあげたり、教会のために電話をかけたり、家に閉じこもりっきりの人を外食に誘ったり、といったことを。

    それを喜びに満ちた礼拝の時としましょう。クリスマスと聞いて、第一に思い浮かぶのは礼拝の言葉です。喜べ! 祝え! 喜びを! 賛美を! 感謝を捧げよ! 地に平和あれ! 救い主という、神のクリスマスの贈り物を感謝するために、当然礼拝の時間を設けたいことでしょう。

    あなたは神を日常の活動の中で礼拝することができます。それらの活動を、あたかも神のためにしているかのように執り行い、そうしながら、神との絶え間ない会話を続けるのです。それに、商店街や医院やエレベーターなど、クリスマスキャロルがほとんどどこでも流れているので、それらの歌詞を心に浸透させるなら、ほとんどどんな場所でも礼拝することができます。「おお、来て拝せよ、主なるキリストを。」

    それを喜んで分け与える時としましょう。クリスマスシーズンの間は、一年の他のどんな時期よりも、人々が霊的な話題に対して、もっと受容的であることに気づくでしょう。ですから、家族や友人にメッセージを分け合いましょう。教会の壁の外側に手を伸ばすのです。それは彼らが今後耳にするであろう中で、最も素晴らしい知らせなのです。—リック・ウォレン [2]

    2019年12月にアンカーに掲載 朗読:ジョン・マーク
    音楽:「Christmas Moments」アルバムより、許可を得て使用

  • 11月 12 今日誰かにとってのイエスになりなさい
  • 11月 10 人生の季節
  • 11月 2 望んでいる事がらを確信する
  • 10月 31 ささやかな始まり
  • 10月 29 善によって悪に打ち勝つ
  • 10月 23 私たちの神と呼ばれても、それを恥とされない
  • 10月 21 なりうる最高の自分になる(パート2)
  • 10月 13 なりうる最高の自分になる(パート1)
  • 10月 9 必ず主が私のために道を切り開いて下さる
   

ディレクターズ・コーナー

  • イエス、その生涯とメッセージ:離婚と再婚

    [Jesus—His Life and Message: Divorce and Remarriage]

    September 29, 2020

    (離婚と再婚という主題に関しては、『キリスト教を生きる:離婚と再婚』〈英語〉という記事で、キリスト教倫理の観点から書かれています。本記事では、 福音書の注釈として説明します。)

    共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)のすべてが、離婚と再婚という主題に触れています。ルカの福音書にある記述は、以下のとおり、ただ一つの節のみです。

    妻を離縁して他の女と結婚する者は誰でも、姦淫の罪を犯すことになる。夫から離縁された女と結婚する者も、姦淫の罪を犯すことになる。[1]

    マタイの福音書とマルコの福音書には、もう少し詳しく書かれています。本記事では、マタイの記述をもとに進めます。

    イエスはこれらのことを語り終えられてから、ガリラヤを去ってヨルダンの向こうのユダヤの地方へ行かれた。すると大ぜいの群衆がついてきたので、彼らをそこでおいやしになった。[2]

    イエスは、イスラエル北方にあるガリラヤから南方のユダヤまで旅されたとありますたが、ヨルダン川の東側にあるペレアを通って行かれたようです。この経路は、多くのユダヤ人が、サマリヤ人の土地を避けるために利用していたものです。旅をしながら、イエスは多くの病人を癒やしておられました。また、マルコの福音書には、この南方への旅の間に起きたこととして、「群衆がまた寄り集まったので、[イエスは]いつものように、また教えておられた」 [3] と記されています。

    ファリサイ派の人々[パリサイ人]が近寄り、イエスを試そうとして、「どんな理由であれ、夫が妻を離縁することは許されているでしょうか」と言った。[4]

    エルサレムはパリサイ人の勢力基盤だったので、イエスがエルサレムに近づいた時に彼らが来てイエスに質問をしたことは、驚きではありません。マタイの記述から、彼らが純粋に答えを求めていたのでないことが明らかです。ただイエスを試すために異論の多い問題を持ち出すことで、イエスが満足の行く答えを与えられず、見解の異なる人たちと問題を抱えることを望んでいたのです。

    彼らの質問は、離婚がそもそも許されているのかということではありません。なぜなら、ユダヤ教では、申命記24:1–4にもとづき、夫には妻を離縁する権利があると認められていたからです。しかし、妻には夫を離縁する権利がありませんでした。場合によっては、妻が裁判人に申し立てることはでき、裁判人がその夫に彼女を離縁するよう命じることもありましたが、それでも、夫が妻を離縁することに変わりありません。パリサイ人が尋ねたのは、「どんな理由なら」夫が妻を正当に離縁できるのか、「どんな理由であれ」離縁していいのか、ということです。

    申命記24:1には、このように書かれています。

    ある人が妻をめとり、夫になったものの、彼女に何か恥ずべきことを見いだし、気に入らなくなったときは、彼女に離縁状を書いて渡し、家を去らせることができる。 〈聖書協会共同訳〉

    ユダヤ教のラビたちによる学派の間で論争となっていたのは、「彼女に何か恥ずべきことを見いだし」 が何を意味するのかという点でした。これには異なる解釈があり、不貞のことだとする人もいれば、何であれ妻が夫を怒らせるようなことをした場合(例:食べられないような料理を妻が夫に出した、など)のことだと解釈する人もいました。離婚の正当な理由について、このように異なる解釈があったので、この質問をしたパリサイ人たちは、イエスがどちらの側につくとしても、その解釈に同意しない人たちが気分を害することになると知っていたのです。

    イエスは、パリサイ人のわなにはまるようなことはされませんでした。「最初のものに近いほど重みがある」とされる、ラビ的議論の手法を取って、はるか創造にまでさかのぼり、神がアダムとエバ、つまり男と女とを造られた時のことを持ち出されました。その聖書の箇所はモーセの律法よりも前のことなので、より重みがあるのです。

    イエスは答えて言われた、「あなたがたはまだ読んだことがないのか。『創造者は初めから人を男と女とに造られ、そして言われた、それゆえに、人は父母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである。』 彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない。」 [5]

    「離れる」「結ばれる」と訳されたヘブル語の言葉は、固い決心で行うきっぱりとした行動を示しています。二人が結婚する時、他のいかなる関係にも取って代わる関係を結ぶということです。それは当時、両親のもとを離れて、新たな世帯を築くことを意味しました。夫婦のきずなは、他のいかなる関係よりも強いものなのです。

    「ふたりの者は一体となる」 という表現は、夫婦に親密な結びつきを与える性的関係を指しています。レオン・モリスはこのように書いています。

    イエスは聖書から引用した上で、結婚とは二人の人の利便性のためになされる気楽な取り決め以上のものであるという真実を持ち出されました。結婚は地上におけるもっとも親しい結びつきであり、そのように理解されるべきです。[6]

    夫と妻はもはや、二人の孤立した単独の人間ではありません。神が合わせられた存在なのです。

    イエスはどちらの見解にも味方されませんでした。もしそうしていたなら、もう一方の見解の支持者を怒らせたであろうし、それこそがパリサイ人たちの望んでいたことだったからです。そうではなく、イエスは両方の見解を退けて、聖書が実際に教えていることに目を向けるよう、パリサイ人たちに求められました。つまり、結婚による結びつきは、彼らが言っていたこと以上に拘束力のあるものだということです。パリサイ人たちは、結婚による結びつきを、夫によって解消できるものとして持ち出してきました。不貞が理由であれ、あるいはある人たちが言うように、ほとんどどんな理由であれ。それは、神が創造の際に結婚に関して言われたとして聖書に書かれていることと正反対のことです。「だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない。」

    パリサイ人たちは、イエスの答えが自分たちの望んでいたものではなかったため、再度質問して、離婚を命じたのはモーセであると主張しました。

    彼らはイエスに言った。「では、なぜモーセは、離縁状を渡して離縁するように命じたのですか。」 イエスは言われた。「あなたがたの心がかたくななので、モーセは妻を離縁することを許したのであって、初めからそうだったわけではない。」 [7]

    パリサイ人たちは、モーセが離婚を命じたと主張しましたが、それは真実ではありません。モーセは離婚を命じておらず、むしろ、離婚がすでに起きていたので、それを規制したのです。人々の心がかたくなだったため、モーセは譲歩し、一定のガイドライン内での離婚を認めましたが、神が当初から離婚というものを意図されたのではありませんでした。けれども、いずれにせよ離婚は起きうるので、離縁された女性が再婚する法的権利を持てるようにすることが重要だったのです。夫が妻に離縁状を渡すまでは、妻は夫と結婚しており、再婚はできません。この離縁状には、彼女がもはや夫だった者と結婚していないことが記されており、それはつまり、彼にはもはや彼女に対していかなる法的権利もなく、彼女は自由に結婚できるということを意味します。この規定は、離婚の是認を意味するものではなく、人々の心がかたくなだったゆえの譲歩として与えられたのです。

    「言っておくが、淫らな行いのゆえでなく妻を離縁し、他の女と結婚する者は、姦淫の罪を犯すことになる。」 [8]

    モーセは離婚の規定を設けましたが、イエスがここで指摘されたのは、結婚とは生涯続くよう意図されたものなので、人がいつ配偶者を離縁することが許されるのかというユダヤ教徒のあいだで行われていた議論は、あまり神の望んでおられることに沿ってはいないということです。イエスは、どちらかが「淫らな行い」をした場合には例外を認められました。これは、他の英訳聖書では、「私通」(KJV)、「不品行」(NAS)、「不貞」(NIV)などと訳されており、いずれも、配偶者以外の人との性的関係を指しています。

    弟子たちは言った、「もし妻に対する夫の立場がそうだとすれば、結婚しない方がましです。」 [9]

    弟子たちは、おそらく少し後になってからと思われますが、イエスの教えられたことについて、自分たちの考えをそのように述べました。イエスが言われたことを踏まえれば、結婚生活がうまく行かなくても離婚できないよりも、始めから結婚しない方がましだと考えたのです。

    結婚が生涯の誓約であることについて、イエスが使われた語調は強いものでした。特に、夫がただ必要な決り文句を書いて、証人の前で署名し、それを妻に手渡すだけで結婚関係を解消できた時代に、そう言われたのですから。イエスは、このようなやり方は、神が与えられた婚姻制度の扱い方ではないと指摘されたのです。またイエスは、どんな状況でなら離婚が認められるか、あるいは認められないかを定めることはされませんでした。

    するとイエスは彼らに言われた、「その言葉を受けいれることができるのはすべての人ではなく、ただそれを授けられている人々だけである。」 [10]

    イエスが言及した「その言葉」というのは、「結婚しない方がまし」という弟子たちの言葉のことでしょう。もしそうだとしたら、イエスが言っておられたのは、ある人にとってはそのとおりだけれど、そのような生き方をすべての人ができるわけではないということになります。イエスはそれから続けて、結婚しないことを選択する人たちについて語っておられます。

    「というのは、母の胎内から独身者に生れついているものがあり、また他から独身者にされたものもあり、また天国のために、みずから進んで独身者となったものもある。この言葉を受けられる者は、受けいれるがよい。」 [11]

    「独身者に生れついている」人とは、おそらく遺伝子疾患による機能不全を抱えた人のことでしょう。「他から独身者にされたもの」とは、去勢された人のことです。レオン・モリスはこのように書いています。

    1世紀の世界では、かなりの男性が身分の高い人たちによって去勢されました。それは処罰として行われた場合もあれば、ハーレムなどの場所で仕事するのに安全な人材を供給するためだったこともあります。[12]

    最後にイエスが取り上げられたのは、「天国のために、みずから進んで独身者となったもの」です。全労力を神の仕事に集中させ、神への奉仕における特定の活動を推し進めるために、結婚を自発的にあきらめる人たちは、キリスト教史を通じて常にいました。イエスは結婚されなかったし、バプテスマのヨハネも結婚していません。

    イエスは、独身者であることが何らかの意味でより優れた召しであるとも、ご自身の弟子たちはすべて独身でいるべきだとも、言っておられません。そうではなく、結婚して主に仕えるよう召されている人もいるし、独身で仕えるよう召されている人もいるということです。人にはそれぞれ自分の進む道があり、召しもその人によって異なります。私たち信者が目指すべきなのは、どのような状況に主が召してくださったとしても、そこで最善を尽くして主を愛し、主に仕えることです。


    注:

    聖書の言葉は、特に明記されていない場合、日本聖書協会の口語訳聖書から引用されています。


    参考文献

    Bailey, Kenneth E. Jesus Through Middle Eastern Eyes. Downers Grove: InterVarsity Press, 2008.

    Biven, David. New Light on the Difficult Words of Jesus. Holland: En-Gedi Resource Center, 2007.

    Bock, Darrell L. Jesus According to Scripture. Grand Rapids: Baker Academic, 2002.

    Bock, Darrell L. Luke Volume 1: 1:1–9:50. Grand Rapids: Baker Academic, 1994.

    Bock, Darrell L. Luke Volume 2: 9:51–24:53. Grand Rapids: Baker Academic, 1996.

    Brown, Raymond E. The Birth of the Messiah. New York: Doubleday, 1993.

    Brown, Raymond E. The Death of the Messiah. 2 vols. New York: Doubleday, 1994.

    Carson, D. A. Jesus’ Sermon on the Mount and His Confrontation with the World. Grand Rapids: Baker Books, 1987.

    Charlesworth, James H., ed. Jesus’ Jewishness, Exploring the Place of Jesus Within Early Judaism. New York: The Crossroad Publishing Company, 1997.

    Chilton, Bruce, and Craig A. Evans, eds. Authenticating the Activities of Jesus. Boston: Koninklijke Brill, 1999.

    Edersheim, Alfred. The Life and Times of Jesus the Messiah. Updated Edition. Hendrickson Publishers, 1993.

    Elwell, Walter A., ed. Baker Encyclopedia of the Bible. Grand Rapids: Baker Book House, 1988.

    Elwell, Walter A., and Robert W. Yarbrough. Encountering the New Testament. Grand Rapids: Baker Academic, 2005.

    Evans, Craig A. World Biblical Commentary: Mark 8:27–16:20. Nashville: Thomas Nelson, 2000.

    Evans, Craig A., and N. T. Wright. Jesus, the Final Days: What Really Happened. Louisville: Westminster John Knox Press, 2009.

    Flusser, David. Jesus. Jerusalem: The Magnes Press, 1998.

    Flusser, David, and R. Steven Notely. The Sage from Galilee: Rediscovering Jesus’ Genius. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2007.

    France, R. T. The Gospel of Matthew. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2007.

    Gnilka, Joachim. Jesus of Nazareth: Message and History. Peabody: Hendrickson Publishers, 1997.

    Green, Joel B. The Gospel of Luke. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1997.

    Green, Joel B., and Scot McKnight, eds. Dictionary of Jesus and the Gospels. Downers Grove: InterVarsity Press, 1992.

    Grudem, Wayne. Systematic Theology, An Introduction to Biblical Doctrine. Grand Rapids: InterVarsity Press, 2000.

    Guelich, Robert A. World Biblical Commentary: Mark 1–8:26. Nashville: Thomas Nelson, 1989.

    Jeremias, Joachim. The Eucharistic Words of Jesus. Philadelphia: Trinity Press International, 1990.

    Jeremias, Joachim. Jerusalem in the Time of Jesus. Philadelphia: Fortress Press, 1996.

    Jeremias, Joachim. Jesus and the Message of the New Testament. Minneapolis: Fortress Press, 2002.

    Jeremias, Joachim. New Testament Theology. New York: Charles Scribner’s Sons, 1971.

    Jeremias, Joachim. The Prayers of Jesus. Norwich: SCM Press, 1977.

    Keener, Craig S. The Gospel of John: A Commentary, Volume 1. Grand Rapids: Baker Academic, 2003.

    Keener, Craig S. The Gospel of John: A Commentary, Volume 2. Grand Rapids: Baker Academic, 2003.

    Keener, Craig S. The Gospel of Matthew: A Socio-Rhetorical Commentary. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2009.

    Lewis, Gordon R., and Bruce A. Demarest. Integrative Theology. Grand Rapids: Zondervan, 1996.

    Lloyd-Jones, D. Martyn. Studies in the Sermon on the Mount. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1976.

    Manson, T. W. The Sayings of Jesus. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1957.

    Manson, T. W. The Teaching of Jesus. Cambridge: University Press, 1967.

    McKnight, Scot. Sermon on the Mount. Grand Rapids: Zondervan, 2013.

    Michaels, J. Ramsey. The Gospel of John. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2010.

    Milne, Bruce. The Message of John. Downers Grove: InterVarsity Press, 1993.

    Morris, Leon. The Gospel According to John. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1995.

    Morris, Leon. The Gospel According to Matthew. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1992.

    Morris, Leon. Luke. Downers Grove: InterVarsity Press, 1988.

    Ott, Ludwig. Fundamentals of Catholic Dogma. Rockford: Tan Books and Publishers, Inc., 1960.

    Pentecost, J. Dwight. The Words & Works of Jesus Christ. Grand Rapids: Zondervan, 1981.

    Sanders, E. P. Jesus and Judaism. Philadelphia: Fortress Press, 1985.

    Sheen, Fulton J. Life of Christ. New York: Doubleday, 1958.

    Spangler, Ann, and Lois Tverberg. Sitting at the Feet of Rabbi Jesus. Grand Rapids: Zondervan, 2009.

    Stassen, Glen H., and David P. Gushee. Kingdom Ethics: Following Jesus in Contemporary Context. Downers Grove: IVP Academic, 2003.

    Stein, Robert H. Jesus the Messiah. Downers Grove: InterVarsity Press, 1996.

    Stein, Robert H. Mark. Grand Rapids: Baker Academic, 2008.

    Stein, Robert H. The Method and Message of Jesus’ Teachings. Louisville: Westminster John Knox Press, 1994.

    Stein, Robert H. The New American Commentary: Luke. Nashville: B&H Publishing Group, 1992.

    Stott, John R. W. The Message of the Sermon on the Mount. Downers Grove: InterVarsity Press, 1978.

    Talbert, Charles H. Reading the Sermon on the Mount. Grand Rapids: Baker Academic, 2004.

    Williams, J. Rodman. Renewal Theology: Systematic Theology from a Charismatic Perspective. Grand Rapids: Zondervan, 1996.

    Witherington, Ben, III. The Christology of Jesus. Minneapolis: Fortress Press, 1990.

    Witherington, Ben, III. The Gospel of Mark: A Socio-Rhetorical Commentary. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2001.

    Wood, D. R. W., I. H. Marshall, A. R. Millard, J. I. Packer, and D. J. Wiseman, eds. New Bible Dictionary. Downers Grove: InterVarsity Press, 1996.

    Wright, N. T. After You Believe. New York: Harper Collins Publishers, 2010.

    Wright, N. T. Jesus and the Victory of God. Minneapolis: Fortress Press, 1996.

    Wright, N. T. Matthew for Everyone, Part 1. Louisville: Westminster John Knox Press, 2004.

    Wright, N. T. The Resurrection of the Son of God. Minneapolis: Fortress Press, 2003.

    Yancey, Philip. The Jesus I Never Knew. Grand Rapids: Zondervan, 1995.

    Young, Brad H. Jesus the Jewish Theologian. Grand Rapids: Baker Academic, 1995.


    1 ルカ 16:18.〈聖書協会共同訳〉

    2マタイ 19:1–2.

    3 マルコ 10:1.

    4 マタイ 19:3.〈聖書協会共同訳〉

    5 マタイ 19:4–6.

    6 Morris, The Gospel According to Matthew, 481.

    7 マタイ 19:7–8.〈聖書協会共同訳〉

    8 マタイ 19:9.〈聖書協会共同訳〉

    9 マタイ 19:10.

    10 マタイ 19:11.

    11 マタイ 19:12.

    12 Morris, The Gospel According to Matthew, 485.

  • 10月 23 自然の中の神の足跡
  • 10月 13 イエス、その生涯とメッセージ:あなたはキリストですか
  • 10月 6 イエス、その生涯とメッセージ:2つの珍しい癒やし
  • 8月 25 イエス、その生涯とメッセージ:イエスと律法学者
  • 7月 28 イエス、その生涯とメッセージ:イエスと子どもたち
  • 7月 21 イエス、その生涯とメッセージ:家庭内のもめごと、真の幸い、ヘロデの脅し
  • 7月 7 イエス、その生涯とメッセージ:兄弟の罪
  • 7月 4 感謝の力
  • 6月 23 イエス、その生涯とメッセージ:12人への委託
   

メンバー

他のメンバーを見る…

信条

もっと見る…
  • 私たちの基本的な信条は、おおむね世界中の他のクリスチャンの信条と同じものですが、従来の考え方にとらわれない教理も幾らかあります。イエスは、神を愛し、自分を愛するように隣人を愛することに「律法全体と預言者とが、かかっている」と言われましたが、このイエスが教えられた「神の愛の律法」という基本的な原則を適用することが、私たちの人生と信条の重要な側面となっています。

理念

もっと見る…
  • 神への情熱

    私たちは、心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして神を愛します。イエスとの親しい個人的な関係を築くように努め、また、イエスの特性を見習い、その愛を実践することにおいて成長するように努めます。

TFI について

TFI オンラインは、ファミリー・インターナショナル(TFI)のメンバーのためのコミュニティサイトです。TFI は、世界各地で神の愛のメッセージを伝えることに献身する国際的なクリスチャン・フェローシップです。

TFI について詳しくお知りになりたい方は、私たちのグローバルサイトをご覧ください。

TFI メンバーの方は、 ログイン して他のコンテンツも見ることができます。

最近のシリーズ

もっとイエスのように
私たちの人生において、キリストと似た性質を身につけていくこと
イエス、その生涯とメッセージ
私たちの人生の基礎となっている、福音書からの根本原理
そのすべての核心にあるもの
キリスト教信仰・教義の基本を扱ったシリーズ