アンカー

  • クリスマスの喜びを見つける

    Finding Christmas Joy
    December 10, 2019

    引用文集

    オーディオ所要時間: 10:58
    オーディオ・ダウンロード(英語) (10MB)

    贈り物をもらうと、ほとんど誰でもわくわくするものです。また、贈り物を与える事にも、特別な喜びが伴います。アメリカには、ことクリスマスに関しては、数多くの慣習があり、それは家族ごとに異なりますが、どうやらどの家族にも共通する一つの慣習が、贈り物交換のようです。商店はそれを知っており、クリスマスの何ヶ月も前から、贈り物向けの商品や、その店の商品を贈られた幸せそうな人々の写真でフロアをあふれさせて、準備を整えます。彼らは意欲的に特別価格やセールの日や、購買特典や報奨ポイントを提供して、あなたの休暇資金を使ってもらおうと、数々の企画を用意します。車のディーラーから安物雑貨店に至るまで、誰もがあなたに、クリスマスに愛する人のために買えるような品を、提案してくるのです。

    私が育ったのは、アメリカやその他の、クリスマスが鳴り物入りの宣伝や贈り物であふれかえっている地域ではありませんでした。正直な話、「クリスマスに全力投球する」機会を得た初めてのクリスマスに、私はショッピングモールで何日も買い物をして過ごし、ネット上で何時間もかけて「最高」の商品をリサーチし、それらの贈り物を完璧に包装して、美しいリボンをかけるのに、さらに何時間も費やしました。

    クリスマスが近づいてくると、私は何度か、自分が内心でこうつぶやいているのを聞きました。「早くこれが終わってくれればいいのに。」 クリスマスが終わってほしいと望んだことなど、それまで一度もありませんでした! それまではクリスマスのたびに、孤児院や病院や学校や刑務所で慰問ショーをして、それ以外にも、ショッピングモールやクリスマスパーティーで、パフォーマンスをしたものです。そのあらゆる瞬間を心から楽しんだのであり、クリスマスが来る頃までにはすっかり疲れていたものの、その季節がいやだと感じたことなど、一度もなかったのです。

    ふと気がつくと、今や自分も「伝統的なクリスマス」の仲間入りをしており、それは喜びにあふれる時ではなく、負担に感じる時となりつつありました。クリスマスに取り囲まれ、それで頭が一杯であるにもかかわらず、クリスマスを丸ごと逃してしまっているような気持ちでした。けれども、それまで経験した中で最も慌ただしいクリスマスイブのお祝いまで、とにかく無理をして突き進んだのです。何百という贈り物が交換され、包装紙やパッケージが詰まったゴミ袋が、幾つも集められました。「クリスマス」が終わった後で、私はその場に座り、ひどく物足りない気持ちで一杯でした。素晴らしい映画の壮大なラストシーンを見逃して、気がつくとクレジットが流れていた様な気分でした。クリスマスはどこに行ってしまったのでしょう?

    考え抜いて選んだ、あれらの贈り物は? 数週間が過ぎ、数ヶ月が過ぎるにつれ、私は自分が贈った様々な贈り物が、引き出しの奥に突っ込まれていたり、棚の上でほこりを被っているのを、偶然見かけました。また、自分が受け取った贈り物の中にも、役に立たない物があることに気づきました。皆で何千ドルも贈り物に費やしておきながら、数週間後には、それらによって人生がもっと豊かになった人は、誰一人いないようでした。

    クリスマスを盗んだグリンチのようだと思われてしまう前に、はっきりさせておきたいと思います。別に、贈り物を贈ることに反対しているわけではありません。ただ、慌ただしい買い物やストレスによって、クリスマスの輝きが失われてしまうのを見るのが、嫌でたまらないのです。あのがっかりするようなクリスマスに、私は真のクリスマス精神とは、つまりクリスマスを特別なものにしている喜びとは、人が探し求め、見つけ出さなければならない何かであることを学びました。それは12月になってプレゼントを買い、ツリーを飾りつけ、クリスマスの音楽を聴いたからといって、得られるようなものではないのだと。

    クリスマスの本当の意味を見つけたいなら、その良い手始めは、クリスマスと贈り物を贈ることとの間に、はっきりとした区別を設けることです。クリスマスはイエスがこの世に降誕されたことを祝う時です。今年、クリスマスの精神を広めるために私がやろうとしていることは、必要を抱えている子どもたちや家族のクリスマスを特別なものにする宣教プロジェクトに寄付を送る、自分の地域社会で、分け隔てなく人々に親切な行為をする、ショッピングモールに行かない、大騒ぎするのをやめて、もっと意味のある時期にすることでクリスマスをシンプルに保つ、家族や友人とできるだけ多くの時間を過ごす、といったことです。

    そして私がイエスに捧げる贈り物とは? 感謝です!

    もう12月です。クリスマスの騒乱に拍車がかかる前に、時間を割いて、この美しい時期をどのようにすれば意味あるものにできるかや、今年どのようにして「クリスマスを見つける」ことができるかを、考えてみてはいかがでしょうか。—マラ・ホドラー

    喜びの時

    惨めなクリスマスを送ることは、実際にあり得ると思います。贈り物を贈るという一大行事に没頭するあまり、特定の贈り物を見つけられないなら、良い夫や妻や父や母や友人や…その他諸々ではないと、自分に言い聞かせてしまうのです。とはいうものの、おそらくあなたはたった今苦労しており、クリスマスはあなたにとって、大変な時期なのでしょう。そして、その休暇が終わるのが待ち遠しくてたまらないのです。

    私たちはクリスマスが何を意味するのかについての、本来の考えに立ち帰らなければなりません。それは喜びです。救い主がお生まれになったことへの喜びなのです。ガブリエルがマリヤに、彼女が救世主の母親となることを告げるために現れた際、まずこう言いました。「喜びなさい、恵まれた人よ、主があなたと共におられます。」[1]

    そしてマリヤがしたことは、まさにそれ、すなわち喜ぶことでした。マニフィカトと呼ばれる賛歌の中で、マリヤは言いました。「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。」[2]

    ルカ2章には、天使が羊飼いに次のように言ったとあります。「恐れるな。見よ、大きな喜びを、あなたがたに伝える。」 ただの喜びではなく、大いなる喜びです。…

    イエスの時代には、恐れるべきものが沢山ありました。ユダヤ人たちは、暴君ヘロデの支配下で、ローマ人が占拠していた地に暮らしており、ヘロデは意のままに人々を処刑できたのです。彼らは自分たちの将来を恐れていました。もう一度自由になれるのだろうか、救世主は本当に来るのだろうか、と。…

    天使が羊飼いたちに告げたメッセージとは、次のようなものです。「恐れるな。救い主が来られた。これはあなたがたが知り、大いに喜ぶべき良き知らせである。」 …

    私たちには、ゆるしを与えて下さった救い主がおられます。約束を守って下さるメシア(キリスト)がおられます。そして最後に、私たちには単なる仲間や友人ではなく、主がおられます。主がおられるということは、人生で歩むべき道を示して下さる方がおられるということです。その道を歩む時に、守って下さる方であり、この人生が終わった時に、天国に迎え入れて下さる方がおられるのです。

    私たちには、救い主がおられます。私たちにはキリストがおられます。私たちには主がおられます。そして、喜びに満ちたクリスマスを送るのに必要なのは、それだけなのです。—グレッグ・ローリー [3]

    不完全さの中の完全さ

    以前、クリスマスについての記事を書いていた時に、グーグルで「不完全なクリスマス」を検索してみると、あらゆる点において不完全なクリスマスを、慈しんで受け入れるという探求に携わっているのは、自分だけではないことに気づきました。年齢も背景も様々な、とても大勢の人々が、クリスマスが絵に描いたように完璧ではなくても、幸せに感じることを学べるという、同じ発見をしたのです。

    以下は様々なブログで見つけた、私のお気に入りのコメントです。

    ジョージという名の弁護士が言いました。「すべてのクリスマスが、非の打ち所のないものになる、などということは起こらないでしょう。毎年、そしておそらくは毎週のように、問題やがっかりするようなことが起こるものです。しかし、私たちは皆、厳しい時期を乗り越えられるよう、互いに助け合うためにここにいるのだということを、覚えておかなければなりません。良き友となるとは、そういうことです。人生もクリスマスも、完璧である必要はありません。ただ自分の苦労や喜びを、進んでお互いと分かち合う必要があるだけです。」

    カナダのヨーク大学のゴードン・フレット教授は、ある興味深い所見を述べていました。「クリスマスは、現状が順調そうに見えなければ(そして実際に順調でなければ)ならないという、とてつもなく大きな文化的期待を反映しています。私たちの社会は、消費者を基盤とした社会であり、それはこのように告げます。申し分のない外見と申し分のない達成事項があれば、申し分のない人生が送れるはずであると。人々はこの理想を叶えようと、多大な努力を払うため、いざ休暇が来る頃には、疲れ切っているのです。」

    メディアは、より良い人生を送るために必要であるとされる数々の物の画像・映像を、私たちに浴びせかけます。そのせいで人は、たとえば人生が、広告や映画の中のようにファッショナブルでも快適でもない時、自分に何かが欠けているように感じてしまうことがあるのです。

    サラというブロガーが、次のように書いていました。「時々、完璧さという虚構や、デザイナーブランドやグルメや、おしゃれなクリスマスといった、ピンタレスト(ネット上の画像を自分の「ボード」に「ピン」して集めるツール)に載っているようなクリスマスの罠に、つい引っかかってしまいがちです。どうやらその背後には、次のような思想があるようです。美しく飾り付けるなら、それは美しいクリスマスとなり、どういうわけか私たちの周りの様相に、私たちの心の平安や喜びが最も如実に表れており、それらがクリスマスに、自分の不完全さという現実から私たちを守ってくれる、最強の防護であると。今年私は…自分の不完全なクリスマスを祝おうと思います。おそらくそれを「ピン」したり、支持したりしてくれる人は誰もいないでしょうが、私は数少ない誇り高き人々の一人となるのです。私は今、何千という色とりどりのミニライトが輝く中、ここに座っており、この不完全なクリスマスや、不完全な家族を、心から愛しています。不思議なことに、どういうわけか何もかもが、穏やかで明るいのです。」

    最後に、もう一人のブロガーによる、次のような美しい見解について、じっくりと考えてみて下さい。「クリスマスの主旨とは、完璧に過ごすことではありません。それは完璧になるという、決して満たすことのできない要求事項から、私たちを救って下さった方を祝うことです。」—ティナ・カップ

    2019年12月にアンカーに掲載 朗読:ジョン・マーク
    音楽:『Rhythm of Christmas』アルバムより、許可を得て使用


    1 ルカ 1:28.〈英語NKJV訳より。この節において、和訳聖書の多くで「おめでとう」と訳されているギリシャ語の言葉の本来の意味は、ここにあるように「喜びなさい」です。〉

    2 ルカ 1:46–47.〈新共同訳〉

  • 12月 9 「幼な子イエスがいなければ、7162にお電話を」
  • 12月 1 最高の友を称える
  • 11月 26 感謝に満ちた心
  • 11月 11 忍耐を、しかし一体いつまで?
  • 11月 9 神の関心はもっとも小さなものにも注がれる
  • 11月 7 ディナラ山に登る
  • 11月 5 生まれて初めて色彩を見る
  • 11月 1 恐れを取り除く愛
  • 10月 30 神に対して怒る
   

ディレクターズ・コーナー

  • キリスト教が及ぼした影響(パート4)

    [The Effects of Christianity (Part 4)]

    April 30, 2019

    (本記事にあるポイントは、アルバン・J・シュミット著『How Christianity Changed the World(キリスト教はいかに世界を変えたか)』[1] からのものです。)

    キリスト教が世界に及ぼした影響に関する4本目かつ最後になるこの記事では、キリスト教や個々のクリスチャンが世界を変えるのを大いに助けた3つの分野に触れていきます。それらの分野とは、肉体労働に対する見方を変えること、金貸しに関する認識を変えること、そして、様々な科学的発見をすることです。

    肉体労働の尊さ

    古代のローマ人、そしてそれ以前にギリシャ人は、共に肉体労働をかなり見下していました。彼らにすれば、肉体労働は下層階級民や奴隷だけがするものだったのです。キリスト教徒はユダヤ教徒と同様、労働に対してはるかに好意的な見方をしていました。1世紀に生きたユダヤ人男性として、イエスは大工(熟練労働者)の仕事をされたし、使徒パウロはテント職人として働いていました。テサロニケ人への第2の手紙で、パウロは「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」 [2] と書いています。働くことに関するイエスとパウロの手本から、キリスト教徒は労働や仕事を高潔で神に喜ばれることと見なしました。

    中世の修道院では、労働は高潔なものであり、怠惰は「7つの大罪」の1つであると見なされました。6世紀のベネディクト会修道士たちは、労働を「彼らの鍛錬において霊的に不可欠な部分[と捉えており、それ]が労働の尊厳と労働者の自尊心を大いに高めました。」 [3] また、仕事をすることは、怠惰の罪に対処する手段と考えられたのです。4世紀にカイサリアのバシレイオスは、「怠惰は大きな悪であり、労働は悪しき思いから私たちを守る」 [4] と語っています。

    宗教改革の間に(1517–1648)、仕事や肉体労働を重んじるという考え方がさらに支持されるようになります。マルチン・ルターは、労働は神からの使命、また神に仕える方法であると見なしたので、それが、仕事に貴賎はなく、優劣もないという認識につながりました。キリスト教徒のするどんな類の仕事も、神の栄光のため、人類に尽くすためにしたことであり、尊いことであると考えられました。それは高潔なことであり、クリスチャンの義務、使命、召命だと見なされたのです。

    金貸しに関する見方の修正

    プロテスタント宗教改革の際にジュネーブを拠点に活動したフランス人神学者また宗教改革者であり、カルヴァン主義と呼ばれるキリスト教神学の一派を生み出したジャン・カルヴァン(1509–1564)は、利子・利息を取って金を貸すことに関する教会の認識を改める上で大きな役割を果たしました。

    旧約聖書には、金を貸すことに関して、次のような禁止事項があります。

    あなたが、共におるわたしの民の貧しい者に金を貸す時は、これに対して金貸しのようになってはならない。これから利子を取ってはならない。[5]

    あなたの兄弟[同胞]が落ちぶれ、暮して行けない時は、彼を助け、寄留者または旅びとのようにして、あなたと共に生きながらえさせなければならない。彼から利子も利息も取ってはならない。あなたの神を恐れ、あなたの兄弟をあなたと共に生きながらえさせなければならない。あなたは利子を取って彼に金を貸してはならない。また利益をえるために食物を貸してはならない。[6]

    利子に関するカルヴァンの姿勢は、それ以前の時代にキリスト教徒たちが信じてきたものに反しています。4世紀以降、キリスト教神学者たちは、利益を得るために金を貸すことは、それ自体が罪であり悪であるとしました。中世には、返金が保証された上で利子を取って金を貸すことは、キリスト教徒にとって不道徳と見なされ、違法でした。例外は、金を貸す人も共に、それを失うリスクを負う場合です。

    カルヴァンは、聖書で「利子・利息・高利」と訳されているヘブル語の言葉が2つあることを知っていました。1つは「噛む」「利息付きで」を意味する「ネシェク」で、もう1つは「妥当な儲けを手にする」という意味の「タルビート」です。カルヴァンは、「噛む」ほど痛い貸し付けだけが禁じられるべきであると見なしました。その金を用いて利益を挙げる人に、利子を取って金貸しをすることは合法であると考えたのです。貧しいけれど何らかの職に就いている人に対しては、利子を取らずに、しかし返済を期待して、貸し付けをすることができるとしました。また、貧困者に対しては、返済を期待せずに金を与えるべきであるとしました。この解釈は、それまで教会が利子・利息に関して持っていた否定的な見方とはかなり異なったものです。この道徳的教えが変更されたことによって、それから数世紀にわたり、ヨーロッパとアメリカの経済に、好ましく、かつ著しい変化がもたらされました。

    科学

    古代ギリシャ・ローマの多神教文化では、当時の理性のない世界において、嫉妬に駆られて非理性的な行動をする神々を信じていたので、この世界とその機能の仕方を体系的に調べるという概念は意味を成しませんでした。しかし、キリスト教はユダヤ教と同様に、神は理性ある存在であると教えています。人間は「神のかたち」に作られたので、私たちもまた理性ある存在であり、自分たちの住む世界を調査研究するために理性的なプロセスを用いることができます。

    知識は演繹的思考によってのみ得られるというアリストテレス(紀元前384–322)が教えた概念は、1500年の間、もっとも一般的に受け入れられていたものでした。12世紀になると、フランシスコ会出身の司教でありオックスフォード大学初代総長であるロバート・グロステスト(1168–1253)のようなキリスト教哲学者たちが、科学知識を得る手段として帰納的・実験的手法を用いることを提唱しました。グロステストの教え子でフランシスコ会の修道士であったロジャー・ベーコン(1214–1292)は、「すべては経験により実証されねばならない」と主張しました。[7]

    その300年後、敬虔なイングランド国教徒であるフランシス・ベーコン(1561–1626)が、自身の経験とその結果を記録するという手段による帰納的思考を推進しました。科学には注意深く系統的な観察と、観察したことをしっかりと懐疑的に捉えることが必要であるという概念を奨励したのです。そのようなわけで、ベーコンは科学的方法の祖として知られています。

    ニコラウス・コペルニクス(1473–1543)は、カトリックの司祭である叔父に育てられました。博士号を取り、医師としての訓練を受けています。神学やカノン法(教会法)も学び、一時的に修道会に属したこともありますが、司祭にはなりませんでした。コペルニクスは、太陽が太陽系の中心にあり、地球は太陽の周りを回転しているとする太陽静止説を紹介しました。その時まで、地球は私たちの太陽系の中心にあると考えられていたのです。彼は、この説を公表することをためらいました。なぜなら、当時のカトリック教会は、新たな科学的発見を異端と見なして、その発表者を異端者として迫害することがよくあったからです。しかし、ルター派に属する2人の友人に説得されて、この世を去る少し前に公表しました。

    ヨハネス・ケプラー(1571–1630)は、3年間、ルター派の牧師となるための勉強をしています。オーストリアで数学を教えるよう任ぜられた際には、天文学[当時は数学の一分野]も担当しました。ケプラーの数学的計算により、惑星は太陽を中心として楕円軌道を回っていることと、均一の速度で動いているわけではないことが証明されました。臨終の直前、ルター派の牧師から、彼の信仰はどこに置かれているのかと尋ねられて、「ただ我々の贖い主イエス・キリストの御業にのみ」と答えています。[8]

    アイザック・ニュートン(1642–1727)は、惑星の運動に関するケプラーの法則を足がかりに、万有引力の法則を発見しました。ニュートンの著作『自然哲学の数学的諸原理』(プリンキピア)は、「科学史上最大の貢献のひとつ」と見なされています。[9] ニュートンはクリスチャンでなかったと主張する歴史家もいますが、彼が書いた次の言葉には、神への信仰が明確に表現されています。

    神は目に見えない形でこの世界を治め、私たちが他の神々ではなくご自身を拝するよう命じておられます。…神は我らの贖い主イエス・キリストを生き返らせなさいました。イエスは、私たちのための場所を受けてそれを備えるために、天に入られたのです。…そして、やがて再び来て私たちを支配されます。…すべての死者をよみがえらせて裁かれる時まで。[10]

    アレッサンドロ・ボルタ(1745–1827)は、物理学者また化学者であり、電気科学の先駆者でした。電池の発明者でもあります。カトリック教徒として育ち、生涯信仰を守り続けました。彼の名前から、ボルト(電圧などの単位)やボルテージ(電圧)という言葉が生まれました。ボルタは、このように書いています。

    私が告白する信仰、すなわちローマ・カトリックまた使徒的信仰への誠実で忠実な愛情を疑う人のいることが私には理解できません。私はその信仰の内に生まれ育ったのであり、これまで常に、人に対しても自分の内でも告白してきたのです。[11]

    ロバート・ボイル(1627–1691)は、自然哲学者、物理学者、また化学者です。彼は科学の父と呼ばれ、ボイルの法則で有名です。また、近代的かつ実験的な科学手法の先駆者のひとりとしても知られています。科学に力を入れた他にも、ボイルは神の存在やキリストの復活を擁護する主張を書いています。また、東洋へのキリスト教布教のために多額の私費を投じました。ボイルは、人々が自国語で聖書を読めるようにすべきだと信じていたので、聖書の全体または一部を各種言語に翻訳するための資金提供を行っており、それには、同国民のためのアイルランド語の旧約・新約聖書も含まれています。

    ジョージ・ワシントン・カーヴァー(1864頃–1943)は、アメリカで奴隷として生まれました。生後一週間の時、妹や母親と共に誘拐され、他の州に連れていかれて、奴隷として転売されています。彼らの元々の所有者であったモーゼス・カーヴァーは、探偵を雇って彼らを探しましたが、見つかったのはジョージだけでした。奴隷制度が廃止された後、モーゼスと妻は、ジョージと(誘拐を免れて夫妻のもとにとどまっていた)兄ジェームズを、彼らの子どもとして育てました。ジョージは夫妻から、教育を受け続けるよう励まされましたが、ある大学に合格した時には、到着した後に人種を理由に入学を拒否されてしまったのです。その後、初めての黒人学生としてアイオワ州立農業大学に通うことができ、科学で修士号を取りました。

    その後、アフリカ系アメリカ人のためのタスキーギ学院に、教師また研究者として入りました。いずれ、ピーナッツとサツマイモについて、アメリカの最高権威となったカーヴァーは、ピーナッツを原料として、インスタント・コーヒーや石鹸、インクに至るまで、300を超える製品を開発しました。サツマイモからは、サツマイモ粉や靴クリーム、キャンディーなど、100を超える製品を開発しています。綿花だけではなく、ピーナッツやサツマイモ、ペカンの栽培も行うよう、南部の農民たちを説得したので、南部の農業は多様化しました。彼はその研究によって数多くの賞を受け、その名前は様々な建物や学校、公園に付けられています。カーヴァーがクリスチャンになったのは、10歳の時です。ヘンリー・モリスの著書によれば、カーヴァーは「誠実で謙虚なクリスチャン」であり、「聖書の神への信仰を告白し、自身の成功と能力を神のおかげであるとする」のをためらうことがなかったそうです。[12]

    歴史上、大いに世界に影響を与えるようなことを成し遂げた著名なクリスチャンは数多くいますが、他にも、私たちは聞いたことがなくても、世界にいい影響を与えたクリスチャンが、これまでに何十億人もいます。また、自分の子にイエスのことを教えたり、自分自身が信仰を実践するという手本によって、その子がクリスチャンになる決断を助けてきた、たくさんの母親や父親がいます。これまでに、教師、介護士、宣教師、敬虔な雇用主、その他あらゆる階層やあらゆる職業のクリスチャンが、自分の信仰を他の人にも伝え、相手の人生が変わるのを助けてきました。私たちの誰もが、いつの日にも、他の人に愛を示し、優しく公平で、思いやりにあふれ、寛容で前向きで、親切であることにより、自分のまわりにいい影響を及ぼすことができます。分け隔てなく人に接して、敬意を示し、寛大で謙虚で、柔和で忍耐強く、親切でいようではありませんか。信仰を実践し、イエスを見習い、神と他の人たちを愛するよう最善を尽くすことによって、私たちもまた、自分のまわりの世界をより良い場所に変えられるのです。


    注:

    聖書の言葉は、特に明記されていない場合、日本聖書協会の口語訳聖書から引用されています。


    1 Alvin J. Schmidt, How Christianity Changed the World (Grand Rapids: Zondervan, 2004).

    2 2テサロニケ 3:10.

    3 Lynn D. White, “The Significance of Medieval Christianity,” in The Vitality of the Christian Tradition, ed. George F. Thomas (New York: Harper and Brothers, 1945), 91.

    4 Schmidt, How Christianity Changed the World, 197.

    5 出エジプト 22:25.

    6 レビ 25:35–37.

    7 Roger Bacon, Opus majus, [ロジャー・ベーコン『大著作』]trans. Robert Belle Burke (New York: Russell and Russell, 1962), 584.

    8 Max Caspar, Johannes Kepler (Stuttgart: W. Kohlhammer Verlag, 1948), 73.

    9 Eric Temple Bell, “Newton, Isaac, Sir,” The World Book Encyclopedia (Chicago: Field Enterprises Educational Corporation, 1958), 12:5619.

    10 Isaac Newton, “God and Natural Philosophy,” in Newton’s Philosophy of Nature: Selections from His Writings, ed. H. S. Thayer (New York: Hafner Publishing, 1953), 66–67.

    11 Alessandro Volta, Epistolario, Volume 5 (Zanichelli, 1955), 29.

    12 Henry Morris, Men of Science—Men of God (San Diego: Creation-Life Publishers, 1982), 104–5.

  • 11月 30 さらに多くが見える愛
  • 10月 29 驚くべき御わざを探究する—詩篇104篇
  • 10月 22 キリスト教が及ぼした影響(パート3)
  • 10月 8 キリスト教が及ぼした影響(パート2)
  • 10月 1 キリスト教が及ぼした影響(パート1)
  • 9月 28 もう囚われの身ではない!
  • 9月 26 キリスト教を生きる:十戒(人命を守る、パート3)
  • 9月 17 今の時を超えて信じる
  • 9月 10 イエス、その生涯とメッセージ:仮庵の祭(パート6)
   

メンバー

他のメンバーを見る…

信条

もっと見る…
  • 私たちの基本的な信条は、おおむね世界中の他のクリスチャンの信条と同じものですが、従来の考え方にとらわれない教理も幾らかあります。イエスは、神を愛し、自分を愛するように隣人を愛することに「律法全体と預言者とが、かかっている」と言われましたが、このイエスが教えられた「神の愛の律法」という基本的な原則を適用することが、私たちの人生と信条の重要な側面となっています。

理念

もっと見る…
  • 霊的な解決策

    私たちは、障害を乗り越え、対立を解決し、可能性を最大限に伸ばし、心をいやすという日々のチャレンジに対して、霊的な原則を適用します。また、霊的な富や知識を他の人たちと分かち合うように努めます。

TFI について

TFI オンラインは、ファミリー・インターナショナル(TFI)のメンバーのためのコミュニティサイトです。TFI は、世界各地で神の愛のメッセージを伝えることに献身する国際的なクリスチャン・フェローシップです。

TFI について詳しくお知りになりたい方は、私たちのグローバルサイトをご覧ください。

TFI メンバーの方は、 ログイン して他のコンテンツも見ることができます。

最近のシリーズ

もっと見る…
もっとイエスのように
私たちの人生において、キリストと似た性質を身につけていくこと
イエス、その生涯とメッセージ
私たちの人生の基礎となっている、福音書からの根本原理
イエスが語った物語
イエスのたとえ話を詳しく解説するビデオ・シリーズ