アンカー

  • ウィリーさんと5分間の親切

    Willie and the Five-Minute Favor
    July 22, 2020

    アイリス・リチャード

    東アフリカ最大級のスラム街の外れにある集会場で、生活困窮者(ほとんどは夫をなくした人や障がい者)に、1つ10キロの支援物資パッケージ50個を配布し終えようとしていたところでした。

    プロジェクトが終了したことを嬉しく思いつつ、帰ろうとしていると、同僚のサリーが最後のパッケージを手にして、こう言いました。「帰る前に、坂の上のウィリーさんに、ちょっとこれを届けましょう。足が悪くてここまで来られなかったから。」

    私は汗まみれで疲れ果て、背中も痛くなっていました。「坂の上」と言えば簡単そうですが、雨が降った後のスラム街の通路はぬかるんでおり、彼の小屋へ行くには、たくさんの岩やゴミを乗り越えていく必要があります。

    私は、また別の時にすればと言いかけました。でも最近、次の言葉をオンラインで読んで感銘を受け、私も「5分間の親切」をしようと決意していたことを思い出したのです。

    世界をもっといい場所にしたいですか。・・あなたも5分間の親切をしてみましょう。その呼び名からも分かるように、極めてシンプルなことであり、1日に5分間を使って、他の人の助けとなるようなことをすればいいのです。・・それは、あなたにとっては、さほど負担にならないことですが、相手にとっては、その人生に大きな影響を与えうることです。[1]

    私はこの言葉について考えてみて、喜んで誰かの役に立とうとすることは、相手の人を幸せにするだけではなく、自分自身の幸福感を向上させるという益があると思いました。そうすることで寿命が伸びると言う人さえいます。それに、与えることについては、よく知られた真実があります。「与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう。人々はおし入れ、ゆすり入れ、あふれ出るまでに量をよくして、あなたがたのふところに入れてくれるであろう。あなたがたの量るその量りで、自分にも量りかえされるであろうから。」[2]

    ウィリーさんに話を戻しましょう。とにかく私たちは坂を上ったのですが、彼の小さな小屋に足を踏み入れ、壊れそうなベッドに座るウィリーさんを目にした時、努力のかいがあったと分かりました。最近、スラム街を流れる汚い川の堤防が決壊して鉄砲水が発生し、持ち物がすべて洗い流されてしまい、そのベッドが唯一残された家具だったのです。彼は救助され、坂の上にあるこの小さな小屋へ連れてこられたのでした。

    以前、ウィリーさんは地元のゴルフクラブでキャディをしていたのですが、歩いて仕事に向かう途中で車にひかれ、その事故で脚を失ったそうです。その車両は路上走行できる状態ではなく、ブレーキも故障していたのです。走り去った運転手は後で捕まりましたが、保険に入っておらず、事故の賠償金も払えないことが判明しました。

    障害を負ったため、ウィリーさんは職を失い、ずっと家賃を払うことができずにいたので、立ち退きの心配をしていました。生き延びるために、小屋の前で路上販売を始め、近所の人や通行人に清掃用品を売る仕事をしたいのですが、開業資金がありません。

    ウィリーさんは満面の笑みを浮かべて、私たちの支援物資パッケージを受け取りました。そして、涙で頬を濡らしながら、「神さまが皆さんを送ってくださいました」と言ってくれたのです。

    この親切には5分以上かかりましたが、ウィリーさんの人生を大きく改善するものとなりました。当面のニーズが満たされたばかりか、新たな機会も生み出されたのです。この訪問の後、私たちはいろいろな人に連絡して、ウィリーさんを援助することに関心を持つ人たちを見つけることができました。これまでのところ、3ヶ月分の家賃を調達できたし、食料品も月に一度、家まで届けています。

    「皆さんのおかげで、新たな希望と目的を見出せました。」 路上販売用の寄贈品が支援者によって届けられた時、ウィリーさんはそう語りました。

    ペンシルベニア大学ウォートンスクールのアダム・グラント教授は、ビジネススクールの教授のものとはあまり思えぬ新鮮な姿勢で、人生や成功へのアプローチをしています。教授の研究が焦点を当てているのは、「ギバー」(与える人)、つまり、同僚に助けの手を差し伸べる人となるほうが、「テイカー」(自分の利益を優先する人)になるよりも、最終的に多くの成功と尊敬を得られるということです。また、それをテーマに丸一冊、本を書いています。教授が調査したところによれば、例えば成績のいい販売員は通常、他の人の役に立ちたいという願望のレベルが高い傾向にあることが分かっています。

    仕事中に喜んで誰かの役に立とうというのは、非常にいい考えではあるけれど、そういった人生観について多くの人が抱える問題は、そんな時間がどこにあるのか、ということです。グラント教授のチームは、誰かの役に立とうとすることが、すべてそれほど時間のかかるものである必要はないことを強調して、「5分間の親切」という言葉を生み出しました。あなたもそれを始めてみませんか。[3]

    ありきたりの一日であれ、いつもの職場であれ、あるいは、何か他のことをしている時であれ、たった5分間の親切をすることによって、どんな素晴らしいことが起こり始めるのか、まったく分からないものです。

  • 6月 15 神の友
  • 6月 5 神の臨在:過去、現在、未来
  • 6月 3 すべてが行き詰まった時
  • 5月 30 救いの喜びを取り戻す
  • 5月 25 真の繁栄
  • 5月 17 年を重ねることを感謝する(パート2)
  • 5月 5 時があり、季節があり
  • 4月 21 苦難を耐え忍ぶ
  • 4月 19 最も安全な場所
   

ディレクターズ・コーナー

  • イエス、その生涯とメッセージ:受難と死に向かって進む

    [Jesus—His Life and Message: Moving Toward His Passion and Death]

    April 20, 2021

    前回の記事は、イエスの公の宣教の終わりについてでした。共観福音書[1] でも、ヨハネの福音書でも、ここから焦点はイエスの受難と死に移ります。

    いずれの共観福音書も、ユダヤ人がエジプトでの奴隷状態から救い出されたことを祝うために毎年行われている過越祭が間近であることに触れています。ある人は、次のように説明しています。

    ユダヤ暦にもとづき、過越祭はニサン[ユダヤ暦での月名]の14日か15日に祝われ、それに続いて、除酵祭(種なしパンの祭)がニサンの15日から21日に行われていました。通常、2つの祭を合わせて、過越の週としています。[2]

    共観福音書は、この2つの祭の数日前に、ユダヤ人指導者たち(祭司長、長老、律法学者)がイエスを捕らえて殺そうと謀っていたと告げています。マルコの福音書には、こうあります。

    さて、過越と除酵との祭の二日前になった。祭司長たちや律法学者たちは、策略をもってイエスを捕えたうえ、なんとかして殺そうと計っていた。彼らは、「祭の間はいけない。民衆が騒ぎを起すかも知れない」と言っていた。[3]

    ルカの福音書には、こう書かれています。

    さて、過越といわれている除酵祭が近づいた。祭司長たちや律法学者たちは、どうかしてイエスを殺そうと計っていた。民衆を恐れていたからである。[4]

    マタイの福音書では、こうなっています。

    そのとき、祭司長たちや民の長老たちが、カヤパという大祭司の中庭に集まり、策略をもってイエスを捕えて殺そうと相談した。[5]

    イエスに敵対する宗教指導者たちの目的は、イエスを捕らえて処刑することでした。しかし、公衆の面前で捕らえるなら、騒動が起きるかも知れないと心配していたのです。マルコの福音書の前の方には、イエスが人々の人気を博していることについて、宗教指導者たちが懸念していたことが書かれています。

    祭司長、律法学者たちはこれを聞いて、どうかしてイエスを殺そうと計った。彼らは、群衆がみなその教に感動していたので、イエスを恐れていたからである。[6]

    マタイの福音書には、祭司長たちや民の長老たちが、大祭司カヤパ(在位:紀元18年–36年)の中庭に集まったことが書かれています。これは、祭司階級の上層部の者たちや、大祭司の親族がそこにいたということです。また、祭司階級にはないけれど、有力な民の長老たちも来ていました。全員ではなくとも、その多くが、サンヘドリンの議員であった可能性が高いと言えます。サンヘドリンとは、大祭司を議長とし、計71名からなる自治機関です。

    彼らは、イエスを好意的に見ている人たちがエルサレムに大勢来ていたので、過越祭と除酵祭の間にイエスを捕らえるのはかなり危険なことであると悟り、祭が終わってから捕らえることにしました。彼らはこう言っています。「祭の間はいけない。民衆の中に騒ぎが起るかも知れない。」 [7]

    (マタイとマルコの福音書では、この時点で、イエスの頭にナルドの香油を注いだ女性のことに話が移ります。[8] 両福音書とも、それが済んでから、イエスが裏切られることに話を戻しています。本記事では、分かりやすくするために、まずユダの裏切りについて説明してから、この女性がイエスに香油を注いだ話を扱います。)

    宗教指導者たちは、祭の間にはイエスを捕らえないと決定していましたが、イエスの弟子の一人ユダが彼らに接近したことで、状況は変わっていきます。ルカの福音書には、次のように書かれています。

    そのとき、十二弟子のひとりで、イスカリオテと呼ばれていたユダに、サタンがはいった。すなわち、彼は祭司長たちや宮守がしらたちのところへ行って、どうしてイエスを彼らに渡そうかと、その方法について協議した。彼らは喜んで、ユダに金を与える取決めをした。ユダはそれを承諾した。そして、群衆のいないときにイエスを引き渡そうと、機会をねらっていた。[9]

    マタイの福音書の記述は、こうなっています。

    時に、十二弟子のひとりイスカリオテのユダという者が、祭司長たちのところに行って言った、「彼をあなたがたに引き渡せば、いくらくださいますか。」 すると、彼らは銀貨三十枚を彼に支払った。[10]

    マルコの福音書は、お金を受け取った後、「ユダは、どうかしてイエスを引きわたそうと、機会をねらっていた」 [11] と説明しています。

    ユダは12弟子の一人だったので、イエスに一番近い人の一人でもありました。12弟子は、イエスが死んで復活された時点で宣教を引き継ぐよう、イエスから訓練を受けていました。また、イエスは彼らに「汚れた霊を追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやす権威」 [12] を与えておられたし、次のように彼らに話されたこともあります。

    世が改まって、人の子がその栄光の座につく時には、わたしに従ってきたあなたがたもまた、十二の位に座してイスラエルの十二の部族をさばくであろう。[13]

    ユダもイエスの教えにあずかり、イエスが病人を癒やし、死人を生き返らせたのを目にしてきました。また、12人の一人として、他の弟子たちと共に宣教の旅に出かけ、他の弟子たちが経験したことを自分も経験したことでしょう。「イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。『…病人をいやし、死者を生き返らせ、重い皮膚病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい。』」 [14] それなのに、ユダはイエスを裏切るという決断をしたのです。福音書によれば、彼がそうしたのは欲のためでした。ヨハネの福音書から、ユダがどれほど欲深かったかが分かります。

    彼は盗人であって、金入れを預かっていながら、その中身をごまかしていたからである。[15]

    そして、祭司長たちから金を受け取ると、「ユダは、どうかしてイエスを引きわたそうと、機会をねらって」 いたのです。

    ベタニアで香油を注がれる

    少し戻って、マタイ26章の6–13節には、重い皮膚病(ツァラアト)の人シモンの家での出来事が記されています。

    さて、イエスがベタニアで重い皮膚病の人シモンの家におられたとき、一人の女が、極めて高価な香油の入った石膏の壺を持って近寄り、食事の席に着いておられるイエスの頭に香油を注ぎかけた。[16]

    ベタニアは、エルサレムから3.2キロ離れたところにある小さな町です。シモンは「重い皮膚病[隔離が必要な病気]の人」とされていますが、この病気にかかっている人の家に他の人が入ることはないので、イエスが訪問された時にはすでに治っていたことでしょう。訪問前のある時点で、イエスから癒やされていたという可能性もあります。

    イエスが「食事の席に着いておられた」 とあるのは、[ギリシャ語原文では、「横たわって」という言葉が使われているので]これが特別な、あるいはお祝いの食事であったことを意味しているのでしょう。この頃の文化において、人々はたいてい座って食事をしていましたが、特別の客をもてなす時や、お祝いの席などでは、体を横にして食事しました。料理が載せられた食卓に顔を向け、クッションを脇の下にして横たわります。

    イエスが食事の席で横たわっておられた時、名前の明かされていない女性が、高価な香油の入った石膏の壺を持って近寄ってきました。石膏(雪花石膏=アラバスター)とは、エジプトのアラバストロンでとれた、大理石に似た石です。石膏の壺は、中の油や香水を無駄にしないために、ゆっくりと注がれるよう、首が長くできていたことでしょう。

    マルコの福音書には、この高価な香油はナルドであったと書かれています。

    イエスがベタニアで重い皮膚病の人シモンの家にいて、食事の席に着いておられたとき、一人の女が、純粋で非常に高価なナルドの香油の入った石膏の壺を持って来て、それを壊し、香油をイエスの頭に注ぎかけた。[17]

    スパイクナード(甘松香)とも呼ばれるナルドは、ヒマラヤ山脈一帯に自生する植物の根から取られた非常に高価な香油です。

    弟子たちはこれを見て、憤慨して言った。「なぜ、こんな無駄遣いをするのか。高く売って、貧しい人々に施すことができたのに。」 [18]

    マルコの福音書には、弟子たちの反応とともに、ナルドの価格が具体的に記されています。

    「この香油は三百デナリオン以上に売って、貧しい人々に施すことができたのに。」 そして、彼女を厳しくとがめた。[19]

    300デナリオン(デナリ)はかなりの金額で、労働者の1年分の賃金にあたります。施しは、祭のためにエルサレムに巡礼することと関わる義務であったため、弟子たちは、香油を売って、そのお金を貧しい人たちに施した方が、より有効に使えるのにと感じたのです。

    イエスはこれを知って言われた。「なぜ、この人を困らせるのか。わたしに良いことをしてくれたのだ。貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。」 [20]

    ナルドの香油の使い方について、弟子たちが誰に話したのかは明記されていません。おそらく、自分たちの間で話していたものの、イエスは彼らが女性の行為についてどう感じていたかに気づかれたのでしょう。彼女の行動について、イエスの見方は弟子たちのそれとは完全に違っていました。彼らが無駄だとみなしたものを、イエスは彼女の気持ちを表す美しい行為だとみなされたのです。

    「この人はわたしの体に香油を注いで、わたしを葬る準備をしてくれた。」 [21]

    イエスは、ご自身の時があまり残されておらず、まもなく死に直面することになるとご存知でした。この本文からは、イエスの死が差し迫っていることを女性が予感して、香油を頭に注ぎかけたのか、あるいは、イエスがこれから起ころうとしていることをご存知だったため、彼女のしたことをそのように解釈されたのかは、定かでありません。

    「はっきり言っておく。世界中どこでも、この福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう。」 [22]

    イエスは、まもなく死に直面するであろうことをご存知でしたが、その死は終わりではなく、むしろこれから世界中に広まっていくムーブメントの始まりであることも知っておられました。したがって、この人のしたことも記憶されるようになるということであり、実際に今、私たちはそれを記憶しているのです。


    注:

    聖書の言葉は、特に明記されていない場合、日本聖書協会の口語訳聖書から引用されています。


    参考文献

    Bailey, Kenneth E. Jesus Through Middle Eastern Eyes. Downers Grove: InterVarsity Press, 2008.

    Biven, David. New Light on the Difficult Words of Jesus. Holland: En-Gedi Resource Center, 2007.

    Bock, Darrell L. Jesus According to Scripture. Grand Rapids: Baker Academic, 2002.

    Bock, Darrell L. Luke Volume 1: 1:1–9:50. Grand Rapids: Baker Academic, 1994.

    Bock, Darrell L. Luke Volume 2: 9:51–24:53. Grand Rapids: Baker Academic, 1996.

    Brown, Raymond E. The Birth of the Messiah. New York: Doubleday, 1993.

    Brown, Raymond E. The Death of the Messiah. 2 vols. New York: Doubleday, 1994.

    Carson, D. A. Jesus’ Sermon on the Mount and His Confrontation with the World. Grand Rapids: Baker Books, 1987.

    Charlesworth, James H., ed. Jesus’ Jewishness, Exploring the Place of Jesus Within Early Judaism. New York: The Crossroad Publishing Company, 1997.

    Chilton, Bruce, and Craig A. Evans, eds. Authenticating the Activities of Jesus. Boston: Brill Academic, 1999.

    Edersheim, Alfred. The Life and Times of Jesus the Messiah. Updated Edition. Hendrickson Publishers, 1993.

    Elwell, Walter A., ed. Baker Encyclopedia of the Bible. Grand Rapids: Baker Book House, 1988.

    Elwell, Walter A., and Robert W. Yarbrough. Encountering the New Testament. Grand Rapids: Baker Academic, 2005.

    Evans, Craig A. World Biblical Commentary: Mark 8:27–16:20. Nashville: Thomas Nelson, 2000.

    Evans, Craig A., and N. T. Wright. Jesus, the Final Days: What Really Happened. Louisville: Westminster John Knox Press, 2009.

    Flusser, David. Jesus. Jerusalem: The Magnes Press, 1998.

    Flusser, David, and R. Steven Notely. The Sage from Galilee: Rediscovering Jesus’ Genius. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2007.

    France, R. T. The Gospel of Matthew. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2007.

    Gnilka, Joachim. Jesus of Nazareth: Message and History. Peabody: Hendrickson Publishers, 1997.

    Green, Joel B. The Gospel of Luke. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1997.

    Green, Joel B., and Scot McKnight, eds. Dictionary of Jesus and the Gospels. Downers Grove: InterVarsity Press, 1992.

    Grudem, Wayne. Systematic Theology, An Introduction to Biblical Doctrine. Grand Rapids: InterVarsity Press, 2000.

    Guelich, Robert A. World Biblical Commentary: Mark 1–8:26. Nashville: Thomas Nelson, 1989.

    Jeremias, Joachim. The Eucharistic Words of Jesus. Philadelphia: Trinity Press International, 1990.

    Jeremias, Joachim. Jerusalem in the Time of Jesus. Philadelphia: Fortress Press, 1996.

    Jeremias, Joachim. Jesus and the Message of the New Testament. Minneapolis: Fortress Press, 2002.

    Jeremias, Joachim. New Testament Theology. New York: Charles Scribner’s Sons, 1971.

    Jeremias, Joachim. The Prayers of Jesus. Norwich: SCM Press, 1977.

    Keener, Craig S. The Gospel of John: A Commentary, Volume 1. Grand Rapids: Baker Academic, 2003.

    Keener, Craig S. The Gospel of John: A Commentary, Volume 2. Grand Rapids: Baker Academic, 2003.

    Keener, Craig S. The Gospel of Matthew: A Socio-Rhetorical Commentary. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2009.

    Lewis, Gordon R., and Bruce A. Demarest. Integrative Theology. Grand Rapids: Zondervan, 1996.

    Lloyd-Jones, D. Martyn. Studies in the Sermon on the Mount. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1976.

    Manson, T. W. The Sayings of Jesus. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1957.

    Manson, T. W. The Teaching of Jesus. Cambridge: University Press, 1967.

    McKnight, Scot. Sermon on the Mount. Grand Rapids: Zondervan, 2013.

    Michaels, J. Ramsey. The Gospel of John. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2010.

    Milne, Bruce. The Message of John. Downers Grove: InterVarsity Press, 1993.

    Morris, Leon. The Gospel According to John. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1995.

    Morris, Leon. The Gospel According to Matthew. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 1992.

    Morris, Leon. Luke. Downers Grove: InterVarsity Press, 1988.

    Ott, Ludwig. Fundamentals of Catholic Dogma. Rockford: Tan Books and Publishers, Inc., 1960.

    Pentecost, J. Dwight. The Words & Works of Jesus Christ. Grand Rapids: Zondervan, 1981.

    Sanders, E. P. Jesus and Judaism. Philadelphia: Fortress Press, 1985.

    Sheen, Fulton J. Life of Christ. New York: Doubleday, 1958.

    Spangler, Ann, and Lois Tverberg. Sitting at the Feet of Rabbi Jesus. Grand Rapids: Zondervan, 2009.

    Stassen, Glen H., and David P. Gushee. Kingdom Ethics: Following Jesus in Contemporary Context. Downers Grove: IVP Academic, 2003.

    Stein, Robert H. Jesus the Messiah. Downers Grove: InterVarsity Press, 1996.

    Stein, Robert H. Mark. Grand Rapids: Baker Academic, 2008.

    Stein, Robert H. The Method and Message of Jesus’ Teachings. Louisville: Westminster John Knox Press, 1994.

    Stein, Robert H. The New American Commentary: Luke. Nashville: B&H Publishing Group, 1992.

    Stott, John R. W. The Message of the Sermon on the Mount. Downers Grove: InterVarsity Press, 1978.

    Talbert, Charles H. Reading the Sermon on the Mount. Grand Rapids: Baker Academic, 2004.

    Williams, J. Rodman. Renewal Theology: Systematic Theology from a Charismatic Perspective. Grand Rapids: Zondervan, 1996.

    Witherington, Ben, III. The Christology of Jesus. Minneapolis: Fortress Press, 1990.

    Witherington, Ben, III. The Gospel of Mark: A Socio-Rhetorical Commentary. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Company, 2001.

    Wood, D. R. W., I. H. Marshall, A. R. Millard, J. I. Packer, and D. J. Wiseman, eds. New Bible Dictionary. Downers Grove: InterVarsity Press, 1996.

    Wright, N. T. After You Believe. New York: Harper Collins Publishers, 2010.

    Wright, N. T. Jesus and the Victory of God. Minneapolis: Fortress Press, 1996.

    Wright, N. T. Matthew for Everyone, Part 1. Louisville: Westminster John Knox Press, 2004.

    Wright, N. T. The Resurrection of the Son of God. Minneapolis: Fortress Press, 2003.

    Yancey, Philip. The Jesus I Never Knew. Grand Rapids: Zondervan, 1995.

    Young, Brad H. Jesus the Jewish Theologian. Grand Rapids: Baker Academic, 1995.


    1 マタイ、マルコ、ルカの3つの福音書

    2 Evans, World Biblical Commentary, 354.

    3 マルコ 14:1–2.

    4 ルカ 22:1–2.

    5 マタイ 26:3–4.

    6 マルコ 11:18.

    7 マタイ 26:5. こちらも参照:マルコ 14:2.

    8 マタイ 26:6–13, マルコ 14:3–9.

    9 ルカ 22:3–6.

    10 マタイ 26:14–15. こちらも参照:マルコ 14:10–11.

    11 マルコ 14:11.

    12 マタイ 10:1.

    13 マタイ 19:28.

    14 マタイ 10:5, 8.〈新共同訳〉

    15 ヨハネ 12:6.〈新共同訳〉

    16 マタイ 26:6–7.〈新共同訳〉

    17 マルコ 14:3.〈新共同訳〉

    18 マタイ 26:8–9.〈新共同訳〉

    19 マルコ 14:5.〈新共同訳〉

    20 マタイ 26:10–11.〈新共同訳〉

    21 マタイ 26:12.〈新共同訳〉

    22 マタイ 26:13.〈新共同訳〉

  • 6月 7 時のしるしと昨今の出来事
  • 5月 18 イエス、その生涯とメッセージ:公の宣教の終わり
  • 5月 11 イエス、その生涯とメッセージ:ギリシャ人
  • 5月 4 イエス、その生涯とメッセージ:人の子による最後の審判
  • 4月 27 イエス、その生涯とメッセージ:人の子の来臨(パート2)
  • 4月 2 イエス、その生涯とメッセージ:人の子の来臨(パート1)
  • 3月 26 イエス、その生涯とメッセージ:神殿に関する予言(パート3)
  • 3月 19 イエス、その生涯とメッセージ:神殿に関する予言(パート2)
  • 3月 12 イエス、その生涯とメッセージ:神殿に関する予言(パート1)
   

信条

もっと見る…
  • 私たちの基本的な信条は、おおむね世界中の他のクリスチャンの信条と同じものですが、従来の考え方にとらわれない教理も幾らかあります。イエスは、神を愛し、自分を愛するように隣人を愛することに「律法全体と預言者とが、かかっている」と言われましたが、このイエスが教えられた「神の愛の律法」という基本的な原則を適用することが、私たちの人生と信条の重要な側面となっています。

私たちのミッション

もっと見る…
  • ファミリー・インターナショナルが何よりも目標としているのは、神の御言葉のうちに見出される、愛と希望、救いという命を与えるメッセージを分かち合うことによって、より良い人生を皆さんに送っていただくことです。ペースの速い、複雑化した現代社会にあっても、神の愛を日常生活の中で実践することこそ、社会の問題の多くを解決する鍵であると私たちは信じます。聖書の教えにある希望や助言を分かち合うことで、ひとりずつ心が変わって行くことによって、だんだん世界が変わって行き、より良い世界が築かれて行くと信じているのです。

理念

もっと見る…
  • 神の御霊の追求

    私たちは、神の言葉の真理、神の神性の本質を知り、理解することを願います。書き記された御言葉にある基本的原則、また神から聞くことと神の導きに従うことを尊びます。

TFI について

TFI オンラインは、ファミリー・インターナショナル(TFI)のメンバーのためのコミュニティサイトです。TFI は、世界各地で神の愛のメッセージを伝えることに献身する国際的なクリスチャン・フェローシップです。

TFI について詳しくお知りになりたい方は、私たちのグローバルサイトをご覧ください。

TFI メンバーの方は、 ログイン して他のコンテンツも見ることができます。

最近のシリーズ

もっとイエスのように
私たちの人生において、キリストと似た性質を身につけていくこと
イエス、その生涯とメッセージ
私たちの人生の基礎となっている、福音書からの根本原理
そのすべての核心にあるもの
キリスト教信仰・教義の基本を扱ったシリーズ