ジョシュです、よろしく 私のプロフィールをご覧ください

マイ・ストーリー

1954年、ベビーブームの最中にボストンで生まれる。イタリア・アイルランド系の「当然カトリック」の家庭で育つ。

ティーン時代は不可知論者となり、麻薬をするヒッピー・ライフスタイルに強く影響される。

一連の出来事や出会いを通して、19歳の時にイエス・キリストと出会う。

ファミリー・インターナショナルに所属している理由

クリスチャンになってから、この新しく芽生えた信仰を実践する道を探っていました。

クリスチャンのグループや教会と時間を過ごしていましたが、TFIに紹介されると、それが自分の信仰を実践するための最善の方法であると感じました。また、TFIに出会って、実践を重んじる弟子となるチャレンジが与えられました。決意さえ固めれば、誰にでもできることであり、そのチャレンジが私は好きでした。

信仰をどう実践しているか

自分には一度に一日しか対応できないので、一日一日信仰を実践しています。

経歴

1973
クリスチャンになる。
1974
TFIの宣教師訓練を受ける。
1979–現在
アジアに移って、宣教センターで暮らしながら活動をする。
それ以来、香港、中国、インドネシア、シンガポール、日本に住み、ボランティア活動をしてきました。

宣教経験など

過去40年近く、幅広いクリスチャン・ミニストリーを行い、指導や管理・運営に携わったこともあります。また、ユース・カウンセラー、子育てのコーチもし、幅広いアウトリーチの経験も積みました。
人道支援活動・ボランティア活動
1995年、神戸に壊滅的被害をもたらした阪神・淡路大震災の後、支援活動に大きくかかわりました。
2011年には、東日本大震災後の救援活動を支える支援ネットワークの設立に携わりました。
その他
現在、日本やアジアの文化、また聖書や初代クリスチャンがアジアの社会や価値観に与えた影響についてリサーチをする、日本に拠点を置く研究所の理事を務めています。このリサーチのために日本中を回り、さらには台湾、マレーシア、インドネシア、イスラエル、トルコ、最近では中国に出かけました。
アジアの至る所で、聖書に記されている創造の神が、文化的、言語的、道徳的、宗教的に影響を及ぼしているのが明らかです。神がアジアの世界を形作られたのです。
このリサーチを通して、日本や韓国、中国、イスラエルにおけるこの分野の指折りの研究家の皆さんと出会う機会をいただき、他にも大使や実業家、また各宗教の一般信者や指導者、代表者、そして様々なクリスチャンとも知り合うことができました。

コネクト

メンバー

他のメンバーを見る…